羽根を測れる高精細。acaia Pyxis Ultralight Weighing Scale アカイア ピクシス ウルトラライト ウェイティング スケール

acaia Pycis アカイア ピクシス

4つ目が、PYXIS ULTRALIGHT WEIGHING SCALE(ピクシスウルトラライトウェイティングスケール)

acaiaのシリーズの中でもっとも小型かつ高精細のスケール。

6.5 cm ×6.5 cmとダントツで小型。
さらに、0.01g単位で計測ができる高精細のスケールになる。

最小0.01gから最大500gまでと、狭い範囲での正確さを誇っている高精度のスケール

Pyxisの基本性能は下の通り。
比較対象はLunarかな。

Lunar(ルナー)Pyxis(ピクシス)
サイズ(mm)105×105×15.565×6.5×12.7
重さ270g約70g
計測範囲最大: 2000g
最小: 0.1g
最大: 500g
最小: 0.01g
防水性防水あり防水あり

Pyxisは、計測範囲が極狭なので、何を計測するのか目的を持って購入する必要があると思う。

最大500gなので、汎用性は期待できない。
あくまで専門性を突き詰めた結果になるだろう。

acaia Pearl アカイア パール デジタルスケールの性能

まず、acaia アカイアシリーズの性能のポイント大きく3つ。

アプリと連動したコーヒー抽出のレシピ保存
・最小0.1g単位の極小計測
・コーヒーの計測に特化した計量システム

どのシリーズにも共通していえる性能だけど、acaiaシリーズの一番のメリットは、アプリと連動することでレシピを保存することができることだと思う。

アプリと連動したコーヒー抽出のレシピ保存

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: acaia-apps-brewmaster-home-1024x476.jpg

コーヒーは、g単位の違いで味が変わってくる。
逆に言えば、レシピをちゃんと保存しておくことができれば、うまく入った時の淹れ方をいつでも再現することができるということ。

acaiaを使うと、それが可能。

抽出しながらでも簡単にレシピの作成をすることができるのでお手軽。

記録したデータは、グラフ化して確認することも可能。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: brewmaster_brewing_screen_print_3x-676x1024.png

視覚的に抽出状況を確認することができるので、店舗での使用だけでなくトレーニングやメニュー開発にも役に立つだろう。

ちなみに、acaiaアプリでは、メニューの共有をすることもできる。

コーヒーの計測に特化した計量システム

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-04-01-21.17.43-1024x340.png

また、acaia(アカイア)は、計量の性能も高い。
風袋機能や、自動抽出タイマー機能などがついている。

自動抽出タイマー機能がすごく便利なんだよね。

お湯を淹れたタイミングに反応して、自動でタイマーがスタートする。

Pour Over Auto Start機能。

Pour Overとは、上から注ぐということ。
要するにコーヒーをドリップするということね。

ドリップの自動スタート機能。
お湯を淹れたらタイマーがスタートし、抽出器具を取ると止まる仕組み。

通常は一人でタイマーをいじりながらやる。
なかなか面倒だけど、acaia(アカイア)なら一人でやっていても楽。

驚くほど高性能。acaia Pearl アカイア パール デジタルスケールまとめ

acaia Pearl アカイア パールについて、紹介してきた。

acaiaのシリーズの中では、もっとも安価なデジタルスケール。
とはいえ、性能は他のものとほとんど遜色がなく、高性能。

まさに、コーヒーのために設計されたデジタルスケールだと思う。

あわせて読みたい

acaia(アカイア)とは、コーヒーに特化したスケールを作っている会社。ただ分量を測るだけでしょう?とあなどることなかれ、分量をひとつでもコーヒーにはとても大事な要素。少しグラム数を変えたり、ほんの気持ちだけ抽出時[…]

最新情報をチェックしよう!