おしゃれすぎる。BALMUDA バルミューダ The Pot K02A

BALMUDA バルミューダ The Pot K02A』は、デザイン性が高くおしゃれな電気ケトル。

オーブントースターや、炊飯機をはじめとした家電で有名なバルミューダが販売している電気ケトル。
どの家電もデザイン性が高いモデルが多いけれど、電気ケトルもすごくおしゃれ。

基本のカラーバリエーションは、ブラックホワイトクロームの3種類。

ブラック
ホワイト
クローム

どのカラーもひと味違ったデザイン。

ブラックホワイトは、マットな質感で親しみのあるデザイン。

クロームも単なるシルバーではなく、4層塗装によるなめらかな質感にダークトーンを加え、落ち着いた色合いを出している。

すごくかっこいい。

あと限定カラーとして、スターバックスとコラボも。

STARBUCKS RESERVE® 限定モデル
全国のリザーブ店でのみ取り扱われているモデルで、リザーブ★のマークが特徴的。

店舗でしか売っていないようなので、欲しい場合は、買いに行く必要がある。

BALMUDA バルミューダ

The Pot K02Aの性能

BALMUDA バルミューダ The Pot K02A』は、とにかくデザイン性が高いドリップポット型電気ケトル。

ただの家電ではなく、置いているだけでもインテリアとしておしゃれ。

バルミューダは、家電だからといってデザインに抜かりがないのがいいよね。
毎日使うものだからこそ、何度も使いたくなるように、デザインにはとても気合が入っている。

すごくコンパクトな電気ケトルで、容量は600ml。
電気ケトルとしては、小型。
コーヒーなら、3杯分、カップヌードルなら2杯分というところだろう。

必要な分だけ入れて、必要な分だけ使うような設計になっている。
そのため、すごく軽いことが特徴。

わざとコンパクトで軽量にすることで、取り回しがしやすく使い勝手が良い設計になっている。

ハンドルとノズルには、気を遣われている。
できる限り淹れやすいような角度設計になっていて、湯量の調節が簡単。

ゆっくりもはやくも自在にコントロールすることが可能。
コーヒーも淹れやすいデザインだ。

湯量を細くゆっくりするのも、早く太くするのも自在。
ドリップコーヒーはゆっくりと、カップ麺はすばやくお湯を注ぐことができる。

ストレスなく流速をコントロールすることができるので、お湯を注ぐ時間が今よりもっと楽しくなりそう。

加熱中には、ランプが点灯する。
このランプは小さなネオン管が使われていることが特徴。

どの角度からでも見やすく、独特の優しい灯りがすごく印象的。

The Pot K02Aのアクセサリ

バルミューダのポットにオリジナルのドリップセットがついたのが『BALMUDA バルミューダ The Pot  オリジナルドリップセット

  • HARIO社製 V60円すい形透過ドリッパー
  • 計量スプーン
  • BALMUDAオリジナル 目盛入りトールビーカー
  • 円すい形ペーパーフィルター(40枚入り)

ハリオのV60ドリッパーとサーバー、メジャースプーン、フィルターとコーヒーを淹れる為に必要なものは一式揃っている。

V60ドリッパーは使いやすいので、ちょうどいいかもしれない。
ついでに揃えたいという人にはおすすめ。

The Pot K02Aのスペック詳細

サイズ本体のみ : 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
電源ベース込み : 幅 269mm × 奥行き 142mm × 高さ 194mm
重さ本体 : 約0.6kg
電源ベース : 約0.3kg
容量0.6L(リットル)
電源AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力1200W
電源コード長さ1.3m
素材本体:ステンレス フタ、取っ手:ポリプロピレン
安全機能空だき防止機能、自動電源OFF機能
沸騰時間の目安200ml 約1分半 / 600ml(満水時)約3分
*水温25度の場合の目安。使用環境により前後する。
パッケージ内容本体、フタ、電源ベース、取扱説明書(保証書付)
カラーブラック (型番 : K02A-BK、JANコード : 4560330117718)
ホワイト (型番 : K02A-WH、JANコード : 4560330117725)
クローム (型番 : K02A-CR、JANコード : 4560330119200)
生産地台湾、中国
本製品は日本国内専用。
海外での使用は保証および修理受付の対象外となる。

おしゃれすぎる。BALMUDA バルミューダ The Pot K02Aまとめ

BALMUDA バルミューダ The Pot K02A』について、紹介してきた。

すごくおしゃれな電気ケトルで、置いているだけでもおしゃれ。
ただ、個人的には値段の割りに機能が少ないかなという印象。

温度調節機能や保温機能はなく、湯沸かし機能のみの搭載。
ちょっと物足りない気もする。

デザインを取るか、機能をとるか、がポイントだろうね。

あわせて読みたい

ドリップポッドと湯沸かし機能が一緒になっている電気ケトルを最近よく見かける気がする。お湯を沸かして、そのままコーヒーを淹れることができるドリップポット型電気ケトルは、手間が少なくてとても便利。温度調整をすることができる機種もあるの[…]

最新情報をチェックしよう!