BOSSカフェベースが水でも割れるように【テレワーク普及の影響】

サントリーから販売されているカフェベース「ボス ラテベース」。
BOSSシリーズの、家庭用ボトル入りコーヒーシリーズです。

これまで、牛乳で割ることで自宅で簡単にカフェオレが飲めるのが売りだったカフェべースが、「水でも牛乳でも割れる」ようになりました。

つまり、ラテだけでなくブラックでもコーヒーが飲めるように。
ラテだけでなくブラックで飲みたい人には、ありがたい改善かもしれません。

今回、水と牛乳が兼用になった理由は、テレワークの普及が背景にあります。

新型コロナウイルスが猛威をふるったことにより、在宅勤務やテレワークでの勤務が急激に普及しました。
感染防止するためには、自宅に待機するのが一番ですからね。

その結果、自宅で使えるものの売り上げが拡大する事態に

もともと、サントリーの「BOSSラテシリーズ」は、自宅で気軽にラテが楽しめるようにと「おうちカフェ」がコンセプトの商品。
今回の在宅勤務への流れに見事当てはまっています。

ではなぜ、このタイミングでリニューアルに踏み切ったのか。

BOSSカフェベースがブラックに対応した理由

一番の理由は、消費者の飲み方の変化ですね。

例えば、缶コーヒーは、外でのリフレッシュを目的に開発されています。

ビジネスマンが、缶コーヒー片手にタバコを一服というのはよく見かける風景ですよね。
持ち運びのしやすさと、すぐ飲めるお手軽さから屋外で飲むことが想定されていたんです。

対して、カフェベースは自宅でくつろぎながら飲むことを想定して作られた商品。

くつろぎながら飲むということで、甘めのラテやオレ、焦がしキャラメル仕様のものなどが人気でした。
砂糖やミルクを入れること前提のものですね。

なんか、わかる気もします。

しかし、改めてサントリーが調査をしてみると、実際には自宅でゆっくりしたい時に、くつろぐことを目的にブラックコーヒーを飲む人が多かったということ。

全体の半数はブラックのまま飲んでいるとのこと。

意外とみんな自宅でもリフレッシュ目的でブラックでコーヒーを飲んでいるんですよね。

言われてみれば、周りを見渡してみても、たしかに飲んでいる人は多いかもしれません。
なんとなくですが、以下が背景になっているような気もします。

・在宅勤務が普及し、自宅でもコーヒーを飲むことが増えたこと。
・ここ数年で家庭用コーヒーメーカーや、家庭用コーヒー器具を大きく普及し、自宅でコーヒーを飲む層が増えたこと。
・アルコールを飲まない層がコーヒーに流れているということ。

理由は、いろいろありそうです。

サントリーは、この中でも、テレワークが普及したことで、より自宅でブラックコーヒーを飲む人が増えるのではないかということを予想しています。

たしかに、働き方改革やコロナウイルスの影響でテレワークを導入する企業も増えていますからね。
通勤せず自宅で働く層というのは、増えていくことでしょう。

そのためサントリーは、自宅で仕事をしている人にとっては、『家の中でもブラックコーヒーを飲んでリフレッシュしたい』というニーズがあるのではないかと考え開発に着手したそうです。

なぜカフェベースと別にしなかったのか?

ブラックの需要が増えたことで、開発に着手したことは分かりました。
ただ、それならカフェーベースと別で水で割るタイプとして、売り出してもよかったんじゃないかなとも思います。

兼用にすると、味の作り方も大変になるでしょうからね。

ブラックと別々にしなかった理由は

ユーザーの買いやすさと保管しやすさを優先するため

ラテ用のものと別々にしてしまうと、消費者の負担が増えてしまうから、兼用できるものを開発しなおしたとのこと。

そもそも希釈して使うことができるとはいえ、カフェベースも液体です。
重さにして、1本あたり350gほど。

地味に重いんですよね。
ラテ用、ブラック用と分けてしまうと、消費者は2本買わなければいけなくなってしまう。

例えば、ファミリー層が購入するとして、家族の好みに合わせていろんな味を買っていたら、重くなってしまいます。
冷蔵庫に入れるにしても、複数本あると邪魔ですし。

そういったことを解消するため、ブラック、ラテ兼用にしたとのこと。
希釈率も4倍から5倍になり、重さも490mlから、340mlに変更されました。

すべては、ユーザーの利便性を考慮してのこと。

なるほど。
少しの工夫でも、大きく利便性が違いそうです。

BOSSカフェベースのラインナップ

BOSSカフェベースのリニューアルしたラインナップは5種類。(2020年3月時点)

・ボスカフェベース 無糖
・ボスカフェベース 甘さ控えめ
・ボスカフェベース 焦がしキャラメル
・ボスカフェベース 紅茶ラテ
・ボスカフェベース 贅沢カフェインレス(甘さ控えめ)

水でも割れるのは、無糖・甘さ控えめ・贅沢カフェインレス(甘さ控えめ)の3種類。

焦がしキャラメルと紅茶ラテは牛乳で割る仕様です。

1対4で5倍に希釈することで、手軽においしく飲めることができます。

豆乳やアイスとあわせてもおいしいですよ。

お手軽なので時短できますね。

ボスカフェベース無糖

もっともオーソドックスなカフェベース。

ラテとブラックも兼用できるので、水でも牛乳でも大丈夫。
濃度は好みで調節できます。

ボスカフェベース 甘さ控えめ

加糖のカフェベース。
水でも牛乳でも割れる、ブラック・ラテ兼用タイプです。

無糖のものに比べると甘め。
甘すぎない味わいなので、苦いのが苦手な人にはおすすめ。

ボスカフェベース 焦がしキャラメル

キャラメルラテのような味わいが楽しめるカフェベース。
牛乳で割るだけなので、とても簡単です。

豆乳やアイスとあわせてもおいしい。

ボスカフェベース 紅茶ラテ

紅茶ラテが簡単に作れるカフェベース。
牛乳で割るだけでお手軽に作ることができます。

ホットミルクなら、ホットの紅茶ラテができますよ。

ボスカフェベース 贅沢カフェインレス(甘さ控えめ)

水でも牛乳でも割れるブラック、ラテ兼用タイプ。
加糖なので、少し甘め。

コーヒーが飲みたいけど、カフェインが気になるという方におすすめ。

最新情報をチェックしよう!