コーヒーは昔ながらの品種の方がおいしいの?

このところ、コーヒーも品種で語られる機会が増えてきたように感じます。

特にティピカやブルボンなど、古くからある品種への評価の高さが目立ちます。ーヒーに対してより強いこだわりがもたれること、よりたくさんの情報が提供されること、いずれもたいへん素晴らしいことだと思います。

しかし、それが伝統品種依存症とでもいうべき極端な品種信仰につながりがちであることに強い懸念を覚えます。

コーヒーを提供する側には、安易に商業主義に陥らず、正しい情報を買い手に伝える義務があるはずです。

そして買い手には、その情報を的確に判断する能力が求められます。

いろいろな産地に足を運んでコーヒーの品質をチェックしたり、産地から送られてくるいろいろなコーヒーを科学的に分析して品質の評価をしたりしています。

いずれの経験からも言えることですが、品種は品質の一部でしかありません。

例えば、土壌、標高などの地理的な条件、降水量、気温などの気象条件は、品質に大きな影響を与えます。

収穫後の精選工程も重要です。

これらの影響を無視して品種が味を支配しているかのように語るのは誤りです。

では、仮に地理的条件、気象条件、精選方法が同じならどうでしょう。

この場合も品種の優劣は安易に語れません。

なぜなら、それぞれの品種には適性があるからです。

美味しいコーヒーをつくるためには、その土地にあった品種を選ぶことが重要になります。

その答えは、一律にティピカやブルボンであるとは限りません。

伝統品種依存症は、改良品種拒絶症を併発します。

この場合は、その矛先はハイブリッドと呼ばれるアラビカ種とカネフォラ種の交雑種に向けられます。

ハイブリッドの開発には、味よりも収穫量を多くしたり、病害虫に強くしたりすることが重視されてきた歴史もありますので、たしかに一理あるのですが、やはり「ハイブリッドはダメ」と一概にいえるものではありません。

品種信仰の一番の弊害は、それはコーヒーの評価に影響を与えてしまうことです。

おいしくないティピカも、おいしいハイブリッドも、いくらでもあります。

せっかくのコーヒーが、その肩書き一つのせいで、不当においしく、あるいはまずく評価されるのはとてももったいないことです。

お金がもったいなかったり、コーヒーがもったいなかったり。

最新情報をチェックしよう!