フレンチプレスの抽出の仕組みと淹れ方のコツ

コーヒーの淹れ方のひとつにフレンチプレスがあります。

筒状の容器と、粉を押し出すための金属フィルターを使う抽出方法ですね。

日本では、どちらかというと紅茶を淹れる時に使う方法として、有名ではないでしょうか。

こんなのですね。


あまり馴染みない器具なので、難しく見えますよね。

でもそんなことはなく、抽出方法はとてもシンプルで簡単です。

自宅で淹れるのも手間がかからないので、初めてのコーヒーにはおすすめの抽出方法だったりします。

味の変化も付けやすいので、自分の好きな味も探しやすいですからね。

フレンチプレスの特徴

フレンチプレスは浸漬式という淹れ方の代表的な存在です。

してける抽出方』で”しん し しき”と読みます。

何それって感じでしょうが、そのままの意味です。
お湯に浸して漬ける抽出方法ということです。

フレンチプレスは、容器に粉と一緒にお湯を混ぜ、フィルターで粉を分離させ、こすことでコーヒーを抽出します。

工程は限りなく少ないです。

プレスするので圧力をかけているようにも見えますが、実際は粉を分離しているだけです。

そのため、実はフレンチプレスがなくても同じような淹れ方はできます。

何か容器にコーヒーの粉とお湯を混ぜて、しばらく置いてからフィルターやペーパーで裏ごせば浸漬式(しんししき)のコーヒーの出来上がりです。

専用の容器として代表的なのが、クレバードリッパーとHARIO(ハリオ)の浸漬式ドリッパー スイッチですね。

これまでは浸漬式といえばクレバーでしたが、最近HARIO(ハリオ)も似たようなものを販売しました。

クレバーは有名なドリッパーで、業務用として使っているお店も多いです。

参考記事を載せておきますね。

関連記事>>>【Clever(クレバー)コーヒードリッパー】浸漬式といえば

関連記事>>>【HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチ】クレバーに似てる

フレンチプレスの淹れ方のコツ

フレンチプレスは浸漬式という淹れ方の代表格です。

浸漬式(しんししき)とは、『してけることでコーヒーを抽出する方』のことです。

ここまでは、先ほど説明しましたね。

では、浸漬式の一番の特徴は、なんでしょう?

お湯と粉の接触時間の調節が簡単ということです。

ハンドドリップは、お湯と粉がちゃんと接触しているのか、どのくらい接触しているのかがお湯を注ぐ技術によって決まります。

けれど、浸漬式の場合は、粉とお湯はすべて接触しているので、接触時間の調節は簡単です。

接触時間の調節が簡単ということは、コーヒーの味を制御しやすいということ

あらかじめ、接触する時間を決めておけば、簡単に自分の好きな味を作ることができます。

家庭で淹れるなら、自分の好きな味を作ることができますし。
業務用として使う場合も、誰でも同じ味を出しやすいので、オペレーションが簡単です。

これが浸漬式の淹れ方の特徴。

では、実際に淹れる時にどこに注意すればよいのか。

フレンチプレスの場合は、気をつけるポイントははっきりしています。

下の4つです。

・コーヒーの粉の粒度(挽き具合)
・お湯の温度
・お湯の量
・お湯を注いでから、濾過するまでの時間

上の4つのポイントさえ、決まっていれば誰でも同じような味に淹れることができます。

味の調節をするときは、4つのうち3つを固定して一つずつ調整していくとうまくいきますよ。

例えば、味を軽くするときは

  • コーヒーの粉を減らす
  • コーヒー の粉の粒度(粗さ)を粗くする
  • お湯の温度を下げる
  • お湯を注いでから濾過するまでの時間を短くする

逆に、味を強くしたいときは

  • コーヒーの粉を増やす
  • コーヒー の粉の粒度(粗さ)を細かくする
  • お湯の温度を上げる
  • お湯を注いでから濾過するまでの時間を長くする

上のようにすれば、自分が作りたい味にたどり着きます。

フレンチプレスはコーヒーの抽出原理が、そのまま適用されるので、レシピを作りやすい抽出方法でもあります。

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!