drippot

コーヒー用ドリップポットの選び方

drippot

自宅でハンドドリップでコーヒーを淹れたくなった時、悩むのがドリップポットの種類。

先端が細いものというイメージはあっても、種類が多いのでどれを使えば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

同じコーヒーポットという名前だけど、それぞれ形状が違うので使い勝手も違ってきます。

今回は、そんなドリップポットの選び方について紹介していきます。

ドリップポットの選び方

コーヒー用のドリップポットを選ぶポイントは、下の5つ

① 注ぎ口の形状(特に根元の太さ)
② 加熱方法(電気、ガス、IHの対応)
③ 容量(どのくらい量を1回で淹れるのか)
④ グリップの持ちやすさ
⑤ 見た目

注ぎ口の形状(特に根元の太さ)

コーヒーポットというと、注ぎ口が細いものをイメージする人が多いのではないでしょうか。

実際そうなんですが、その中でも特に注目して欲しいのは”注ぎ口の根元の太さ“。

注ぎ口の根元の太さによって、先端が細くても湯量の調節のしやすさが大きく変わってきます。

湯量の調節のしやすさが、そのままハンドドリップの技量に直結するため、自分のレベルに合わせて選ぶのがおすすめ

基本的には、注ぎ口の根元が太くなるほど難しくなっていきます。

そのため、初心者は「細さが一定の細口タイプ」がおすすめ。

根元から先端まで一定で細いため、お湯が一気にあふれる心配がありません。

一定のスピードでコーヒーを淹れることができます。

逆に、ある程度慣れてきた人には「根元が太いタイプ」がおすすめ。

根元が太いと傾けた分だけ、湯量が多くなります。

そのため、傾き次第で細くも太くも湯量を調節可能

ただ、慣れていないと一気に注ぎすぎることがあるので、初心者だと練習が必要になりますね。

加熱方法(電気、ガス、IHの対応)

drippot-select2

どうやってお湯を沸かすのかによって、対応のものを選ぶ必要があります。

ただ個人的にはお湯は別で沸かすのがおすすめです。

理由は3つ。

【直接お湯を温めることをおすすめしない訳】
・直接温めると熱々になる。
・ポット内の温度に差が出る。
・耐久性が下がる

直接温めるとポットが高温になり、火傷の危険があります。

ポット内での水の温度にも差ができやすく、水温にムラがでてしまいます。

また、直接加熱してしまうとやはり痛みやすく、耐久性が下がってしまうことがネック。

なにより最近は電気ケトルが優秀すぎて、直接加熱するより早い。

というわけで、他の電気ケトルとかで沸かしたお湯をドリップポットに移して使った方が、安全で美味しく淹れることができるということ。

移すのが面倒という方は、電気コーヒーケトルを使うのもアリ。

電気ケトルは、温度設定ができるものも多いので、すごく便利。

容量

drippot

どのサイズの容量を使うか。

基本的には、1回に淹れる量にあわせた容量にするのがおすすめ。

1~2杯なら700ml以下、3~4杯なら1Lサイズが目安。

もっともオーソドックスなのは700〜1,000mlの間ですね。

選ぶポイントとしては、ドリップポットは『大は小を兼ねない』ということ。

ポットの重さだけでなく、水の重さもあるため、大きすぎると重すぎます。

カフェでドリップしすぎて腱鞘炎になっている人も多いぐらい負担が多い作業。

できれば、1,000ml以下のドリップポットがおすすめ

グリップの持ちやすさ

drippot

グリップが持ちやすいかどうか。

これは、人によるでしょう。

その中でも、ご自身の手のサイズにあったものを使うのがおすすめです。

いろいろなタイプがあるけど、できれば試してみるのが一番です。

試すことができないなら、試しに近くにある棒状のものを握ってみてください。

小指と人差し指、どちら側に力が入りましたか?

小指側に力が入ったという人は、『上だけ固定されていて取っ手が本体から離れているタイプ』がおすすめ。

逆に、人差し指側に力が入るという人は、『上下2箇所が固定されていて取っ手が本体に近いタイプ』がおすすめ。

握力が少ない女性の方が小指側に力が入りやすく、握力がある男性の方が人差し指側に力が入りやすい人が多い印象ですね。

見た目

drippot

言わずもがな、見た目はもっとも重要と言えるかもしれないですね。

個人的には、一番重要な要素だと思っています。

せっかく使うなら、ビビッときたものを使いたいですから。

直感で選ぶと良いと思うけど、あえてポイントをあげるなら、『材質』と『フォルム』に注目して探すのがおすすめです。

オールステンレス製がいい、銅製がいいといったこだわりを持つ人は多いので、
好みの材質、フォルムのものを中心に探してみましょう。

いろいろなドリップポットがあるので、探すのも楽しいですよ。

drippot
最新情報をチェックしよう!