clever

クレバー コーヒードリッパーのメリットとデメリット、口コミを解説

clever

クレバー コーヒードリッパー』とは、浸漬式の代表ともなるコーヒードリッパーのこと。

とても簡単にコーヒーを淹れることができ、お手軽なコーヒーメーカーです。

clever

浸漬式とは、文字通り「浸して漬けることでコーヒーを抽出する方式」のことです。

ハンドドリップのように注ぐ技術が必要ないので、誰でも安定した抽出が可能になります。

今回はそんな『クレバー コーヒードリッパー』の特徴や、使用する際のメリットとデメリット、口コミについて紹介していきます。

クレバー コーヒードリッパーの特徴

まずは『クレバー コーヒードリッパー』の特徴について解説していきましょう。

簡単に美味しいコーヒーが淹れられる

clever

クレバー コーヒードリッパー』の使い方はとても簡単。

ペーパーフィルターとコーヒー粉をセットし、お湯を注ぎ浸した状態でかき混ぜてしばらく漬けておきます。

一定時間置いた後に、カップやサーバーにセットすれば抽出完了です。

底にサーバーなどにセットしたら抽出される爪がついています。

お湯を注ぐ技術に左右されないので、あらかじめレシピを決めておけば、誰でも同じ味でコーヒーを淹れることができます。

2種類のサイズバリエーション

クレバー コーヒードリッパー』には、2種類のサイズバリエーションがあります。

おおよそ1~2杯用のSサイズと、3~4杯用のLサイズ。

Sサイズは最大抽出容量210mlで、Lサイズは最大抽出容量410ml。

毎回一杯分しか淹れないのならSサイズで大丈夫でしょうが、多めに淹れたいのならLサイズの方がおすすめです。

ペーパーフィルターは『カリタ 102フィルター』、『カリタ 103フィルター』が適応しています。

クレバー コーヒードリッパーの2つのメリット

clever

次に『クレバー コーヒードリッパー』を使用する際のメリットとデメリットを確認していきましょう。

まずメリットは以下の2つです。

・レシピさえ決めておけばすごく簡単
・フタ付きなので保温される

レシピさえ決めておけばすごく簡単

clever

クレバー コーヒードリッパー』は浸漬式で、淹れ方が浸して漬けるだけのシンプルなものなので、とても簡単です。

家庭でコーヒーを淹れる時はもちろん、業務用として使う場合にも技術が必要ないため、誰でも簡単に淹れることができます。

技術が必要ない分、事前のレシピが味に直結します。

安定した味のコーヒーを淹れるためには、レシピを決めるようにすると便利です。

フタ付きなので保温される

クレバー コーヒードリッパー』には、フタのように使えるコースターが付属しています。

クレバーは浸漬式として、浸しておく時間があるので、フタをしていないと温度が下がっていきます。

湯温が下がりすぎてしまう場合もあるので、攪拌している時間以外はコースターをフタとして使っておくとよいでしょう。

クレバー コーヒードリッパーの2つのデメリット

clever

メリットに対して、デメリットは以下の2つになります。

・抽出に時間がかかる
・味は短調になりがち

抽出に時間がかかる

クレバー コーヒードリッパー』は、お湯を注いだ後は漬けておく必要があるので、抽出に時間がかかります。

一定時間は必ず抽出に時間がかかるので、早く抽出したいときや忙しいときには、あまり向きません。

漬けておくだけなので、作業しながらでも抽出することができますが、途中で攪拌する必要があるので、まったくの手間なしというわけではないです。

味は短調になりがち

抽出方法が簡単で技術が必要ない分、味は短調になりがちです。

良くも悪くも安定したコーヒーの味になります。

原料の味の違いがそのまま、コーヒーの味の違いとなって表れやすいですね。

そのため、良い豆を使えば美味しくコーヒーを楽しめますが、悪い豆を使った場合はどう頑張っても美味しくはならないです。

お湯の温度を下げたり粉の挽き方を粗くするなどして、雑味を出にくくするしかないです。

クレバー コーヒードリッパーの評判や口コミ

最後に『クレバー コーヒードリッパー』の評判や口コミについて確認しておきましょう。

ツイッターの口コミ

インスタグラムの口コミ

YouTubeのレビュー動画

COFFEE WORLD/カズマックスのコーヒーワールドさんのレビュー動画

コーヒーYouTuberのCOFFEE WORLD/カズマックスのコーヒーワールドさんのレビュー動画です。

実際に使っている様子や、使ってみての感想、彼の「ドリップ」の考え方などを語っています。

使い方を詳細に説明しているので、参考になりますよ。

bollardJPさんのレビュー動画

bollardJPさんのレビュー動画です。

クレバー コーヒードリッパー』を実際に使っている様子はもちろんのこと、おすすめのレシピも紹介されています。

付属のレシピだとざっくりしているので、基準があるのはありがたいですね。

コーヒーソルジャーさんのレビュー動画

コーヒーソルジャーさんのレビュー動画です。

クレバーを使っている様子を手元を中心に撮影しています。

とても見やすいカメラワークなので、参考になります。

クレバー コーヒードリッパーを購入するなら

netmall

クレバー コーヒードリッパー』を購入するならアマゾンがおすすめ。

クレバー自体は、海外のメーカーの商品のため、日本では製造されていません。

輸入している会社が各小売店に卸しているので、ネットモールや店舗などで購入するようにしましょう。

アマゾンなら、納期も早いので購入しやすいですよ。

クレバー コーヒードリッパーのスペック

clever

クレバー コーヒードリッパー』の細かいスペックは以下の通りです。

ブランドクレバークレバー
商品名コーヒードリッパーコーヒードリッパー
サイズSサイズLサイズ
寸法145×114×120mm173×135×145mm
重量0.214kg0.314kg
耐熱温度102℃102℃
最大抽出容量約210cc
(豆20g/お湯300cc)
約400cc
(豆40g/お湯500cc)
対応フィルターカリタ102シリーズカリタ103シリーズ
製造国台湾台湾

まとめ

クレバー コーヒードリッパー』について紹介してきました。

簡単本格的なコーヒーを淹れることができるので、面倒なときには良いですよね。

業務用で使う場合も、アルバイトでも簡単に使うことができるのでお手軽です。

便利さから、ついつい普段使いしたくなるドリッパーです。

clever
最新情報をチェックしよう!