【Clever(クレバー)コーヒードリッパー】浸漬式といえば

ハンドドリップで飲みたいけど、なかなか難しいという人におすすめなのがクレバーのコーヒードリッパー。

技術力が必要なく、とても簡単に美味しいコーヒーを淹れることができる方法です。

ちなみに、クレバーでの抽出方法を『浸漬式』と呼びます。

『お湯にしてける抽出方』なので、『浸漬式(しんししき)』です。

浸漬式といえば、クレバー。と言われるほど、浸漬式の代表格のドリッパーですね。

Clever(クレバー)コーヒードリッパーの外観

外観は普通のコーヒードリッパー。

なんか蓋と取っ手があるなぁ、ぐらいの感じだと思います。

ほとんど普通のドリッパーと同じなのですが、注目すべきは底の部分です。

底の部分がストッパーになっていて、お湯が流れないようになっています。

つまり、お湯を注ぐとドリッパー内に溜まる一方です。

ドリッパーをカップにセットすると、ストッパーが外れ、下にコーヒーが一気に抽出されます。

サイズはSサイズとLサイズの2種類ですね。

1〜2杯用はSサイズ。
3~4杯用はLサイズとなります。

Clever(クレバー)コーヒードリッパーの性能

クレバーは浸漬式の抽出方法を利用したドリッパー。

粉を入れたドリッパーにお湯を注ぐと、ストッパーで堰き止められ、ドリッパー内にお湯がたまります。

下のような感じですね。

クレバーは、カップにセットしないとコーヒーが抽出されません。

そのため、カップにセットせず粉を入れお湯を注ぎ、一定時間でスプーンなどで混ぜて攪拌していきます。

そして、ドリッパー内でコーヒーを作るんですね。

まさにコーヒーの粉をお湯にしてける抽出方です。(浸漬式)

完成したらカップやサーバーにセットします。

すると一気にコーヒーがカップやサーバーに流れ完成です。

カリタやメリタのフィルターを使って抽出することができるので、ペーパードリップに近い味わいを出すことができます。

Clever(クレバー)は、ハンドドリップと違い、注ぎ方に影響を受けません。

そのため、技術力が必要なく、とても安定した味を出しやすいことが特徴です。

家庭でも楽ですし、業務用でもオペレーションが簡単なので、とてもおすすめですね。

あらかじめ、粉の量と大きさ、お湯の量、温度、時間を決めておけば、誰でも安定した味を出すことができます。

Clever(クレバー)コーヒードリッパーに似た浸漬式のドリッパー

これまで、浸漬式のドリッパーといえば、Clever(クレバー)一択でした。

ですが最近、HARIO(ハリオ)から浸漬式ドリッパー スイッチが発売され、選択肢が増えています。

下の写真がスイッチですね。

スイッチという名前の通り、ドリッパー下部にあるスイッチを押すとコーヒーが抽出される仕組みです。

ほとんどクレバーと一緒ですが、違うところが2点。

・蓋がない
・容量が200mlのみ

まず、Clever(クレバー)にはあった蓋がないです。

浸漬式はお湯を淹れてから、どうしてもしばらく置く必要があるので、湯温が下がりがちです。

そのため、蓋がついていたのですが、HARIO(ハリオ)のスイッチは蓋がありません。

また、ワンサイズのみの販売ですので、200ml。
つまり、一杯用のサイズだけですね。

大きいサイズが欲しいならClever(クレバー)になります。

関連記事>>>【HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチ】クレバーに似てる

Clever(クレバー)以外でも、コーヒーを淹れる方法はさまざまです。

せっかくなら、こだわりたいですよね。

自分にあったコーヒー器具を見つけると、よりコーヒータイムが楽しくなりますよ。

関連記事>>>コーヒーグッズを探す。

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!