コーヒーの賞味期限の設定の仕方

消費期限は、おおむね5日以内に品質が損なわれる食品に対して、賞味期限はそれ以上日持ちする食品について表示が義務付けられています。

製造日は記載が義務付けられていません。

コーヒーの場合は、賞味期限を表示する必要があります。

賞味期限が、その製品の責任者である製造業者などが衛星検査(微生物検査)、理化学検査、官能検査などの客観的根拠に基づいて設定するように食品衛生法で定められています。

そして賞味期限に加えて、その期間、品質を保持するための保存表示をすることも義務付けられています。

コーヒー業界ではこうした表示の指針として、全日本コーヒー公正取引協議会が「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの賞味期限設定に関するガイドライン」を定めています。

メーカーにとっては、賞味期限の設定の仕方に製造者としてのあり方が問われることになります。

例えば、自ら定めた賞味期限中、品質を保持できるだけの包装方法や包材を用いているか、どのレベルまでの変化を品質が保持できていると評価しているか、などが問われています。

最近では、卸先あるいは消費者から賞味期限の設定根拠を聞かれるケースも増えています。

このようなケースの裏付けを取るための検査を行う必要もあり、官能検査や香気成分分析、微生物検査などを行います。

買う側にもある程度の知識が求められます。

一つは賞味期限の定義のことです。

賞味期限とは、指定された保存条件であくまでも開封せずに保存した場合の期限です。

例えば、賞味期限が長めに設定してあるコーヒー豆なら、日持ちするように酸素や水分を取り除いたり、それらが浸透しないような包材を使用したりするなど保存環境を作り出しています。

これをいったん開封してしまうと、この環境は壊れ、そこから変化が始まります。

もう一つは賞味期限の設定についてです。

客観的根拠に基づく設定が義務付けられているとはいえ、設定の仕方は各社それぞれです。

賞味期限が長い場合、前述のように包装・包材を工夫して指定期限内の品質保持を確実にしているケースと、ここまでは大丈夫と判断基準が甘いケースがあります。

あなたの購入したものがどちらに該当するかは、飲めば分かります。

最新情報をチェックしよう!