filter

注目!2020年に人気のコーヒーフィルターランキング6

filter

コーヒーフィルターは、ドリッパーに付随しているもので、ドリッパー次第で選んでいるという人も多いのではないでしょうか。

たしかに、ドリッパーの形次第でコーヒーフィルターはある程度、選択肢が限られてしまうのは間違いありません。

ただ最近になって、フィルターが与えるコーヒーの味への影響も重要視されてきました。

そのため、同じ形状のものでも、様々な種類のフィルターがでてきて、選択肢が増えてきています。

今回は、そんなコーヒーフィルターをランキング形式で紹介していきます。

コーヒーフィルターとは

dripper5

コーヒーフィルターとは、コーヒーをドリップするときに、コーヒーの粉に染み込んだお湯を濾過するためのものです。

フィルターを通すことで、コーヒーと粉を分離することができます。

これまでは、粉と液体の分離という意味合いが強かったですが、最近ではコーヒーの成分を分けるという意味合いが強くなってきています。

どういうことかというと、フィルターのメッシュ(目の粗さ)によって、抽出されるコーヒーの成分の量が変わってくるということです。

メッシュが粗いものを使えば、多くの成分を抽出することができ、濃厚な味わいのコーヒーになります。

逆に、メッシュが細かいものを使うと、厳選した成分のみ抽出し雑味の少ないクリアなコーヒーを淹れることができます。

コーヒーフィルターの種類

コーヒーフィルターには、どのような種類があるのか確認しておきましょう。

形状によって違う

filter

コーヒーフィルターには形状によって違いがあります。

よくあるのが、台形(扇型)、円錐形、ウェーブ型などです。

メーカーによる違いが大きく、使うドリッパー次第で変わってきます。

主に濾過スピードに差があり、コーヒーの濃淡に影響がでやすいです。

材質によって違う

filter2

形状が同じでも材質違いで種類が変わってくる場合もあります。

例えば、金属フィルターや、麻を使ったリネンフィルターなどです。

形状が同じでも、濾過成分に差があり、材質によってメッシュの粗さが違うので、濾過される成分がかわってきます。

そのため、同じように淹れたつもりでも、材質が変わるだけで味わいも大きく変わってきます。

人気コーヒーフィルターランキング

それでは、コーヒーフィルターを紹介しましょう。

  • カリタ KWF-185 #22212
    4.6

    カリタのウェーブシリーズのペーパーフィルター。2~4杯用の185ドリッパー対応のコーヒーフィルターです。縁がウェーブ状になっていることが特徴で、カリタ独自の形状。底が底面になっているので、注いだお湯が対流し攪拌され、安定した味がでやすいです。

  • 珈琲考具 繰り返し使える フィルター
    4.5

    洗えば繰り返し使うことができるフィルター。ペーパーではなく、ポリエステルでできています。そのため、使用した後は水洗いして乾かすことで繰り返し使用可能。ペーパーに比べてメッシュが粗いので、コーヒーの油分も通しやすく、独特の味わいを楽しむことができます。

  • 珈琲考具 リネンフィルター
    4.3

    天然の麻を使用したリネンフィルター。麻特有の味わいが独特で、味のあるデザインとなっています。ペーパーフィルターに比べてメッシュが粗く、コーヒーの油分を通しやすいので、コーヒー本来の複雑な風味を楽しむことができます。洗って繰り返し使うことができるので、経済的なエコフィルターです。

  • コレス ゴールドコーンフィルター C250GD
    4.2

    純金メッキを使用しているコーヒーフィルター。化学変化を受けにくい純金が使用されているので、コーヒーの味にフィルターが影響せず、コーヒー本来の味を楽しめるようになっています。コレス独自の特殊な目の形状を採用されていて、コーヒーの抽出スピードがアップするとともに、目詰まりしにくくなっています。コーヒーの油分独特の風味や舌触りが楽しめる金属フィルターです。

  • コレス シングルカップゴールドフィルター C211
    4.2

    コレスの純金メッキが施された1杯分用のコーヒーフィルター。化学変化に強い金をメッキすることで、コーヒーの味だけに集中することができます。独自のメッシュの形状が特徴で、目詰まりがしづらくコーヒーオイルも楽しめるようになっています。濾過スピードが早いため、短時間でのコーヒー抽出が可能で、雑味が抑えられマイルドなコーヒーを淹れられるゴールドドリッパーです。

  • コレス チタンコーンフィルター C261GY
    4

    チタンメッキの金属フィルター。チタン特有のブラック感がクールで人気を集めています。杉綾模様の特殊な目の形状をしていて、コーヒーの粉が目詰まりしにくいことが特徴。メッシュがペーパーよりも粗いため、コーヒーの油分を通しやすく独特な複雑な味わいや、トロッとしたような舌触りを楽しむことができます。

まとめ

コーヒーフィルターについて、紹介してきました。

ランキング形式にしましたが、どれが良くてどれが悪いということではありません。

それぞれに味わいの特徴があるので、どれが自分が好きな味なのかを理解する方が大切です。

ようするに「相性」の問題ですね。

自分の好きな味を出しやすいフィルターを使うことが、コーヒーを楽しむコツです。

filter
最新情報をチェックしよう!