マットな感じが良さげ。KOGU 珈琲考具 キャニスター

珈琲考具は、下村企販株式会社という新潟県燕市にある会社のラインナップです。
新潟県燕市といえば、ステンレスの産地として有名な場所。

珈琲考具も、シンプルなステンレス製の器具が多いです。
シンプルなデザインってすごく惹かれるんですよね。
長く使えるし。

ちなみに、珈琲考具とは、『コーヒーを美味しく淹れる為に【考】えられた道【具】』だそうです。

珈琲考具キャニスターの外観

珈琲考具のキャニスターの外観はオールステンレスでとてもシンプル。

コロッとした見た目が可愛らしいキャニスターです。

つや消し仕上げなので、マットな質感になっています。

なんかステンレスのマット感って惹かれます。

サイズ自体はコンパクトで、女性の手で持った時のサイズ感も大きすぎないように作られているとのこと。

詳細なサイズは下のようになります。

外側外径7.9×高さ11.4cm
内側内径7.4×深さ8.3cm
重量165g
容量コーヒー粉 100g

容量が100g分なので、結構少なめ。

コーヒーは挽いた後に急激に劣化するので、できるだけこまめに入れ替えて欲しいとの考えから、100gなんですって。

たしかに、コーヒーは粉砕すると最大70%のガスが抜けてしまいます。
その後の劣化も激しく、すぐに飲み切った方がいいです。

なので、早く飲みきるという考え方は、とてもいいですね。
豆を入れておりて、必要な分だけ毎回挽くようにするともっといいですね。

珈琲考具キャニスターの性能

珈琲考具のキャニスターには、内蓋がついています。

茶筒の構造で、光や空気をガードされているので、日持ちしますね。

また、内蓋の上に何かスペースがあると思ったら、どうやら珈琲考具(コウグ)のメジャースプーン10gが入るようになっています。

キャニスター内に保管できるなら、なくす心配がなくなりますね。

なかなか良さげ。

関連記事>>>【珈琲考具(コウグ)10gメジャー】

直射日光は避けられそうですが、湿気や酸素には弱そう。

できれば、乾燥剤とか入れておければいいと思います。

こういうシリカゲルを少し入れておくと、湿気を吸収してくれるので、かなり日持ちがよくなりますよ。

本当は脱酸素剤とかがいいんですが、個包装されているものがなかなかないので、使うなら乾燥剤の方がいいですね。

珈琲考具には、キャニスター以外にも様々な『コーヒーを美味しく淹れる為に【考】えられた道【具】』があります。

なかなかどれも面白いですよ。

せっかくコーヒー器具を揃えるなら、こだわりたいですよね。

自分にあったコーヒー器具を見つけると、よりコーヒータイムが楽しくなりますよ。

あわせて読みたい

最近、たまに見かける珈琲考具のコーヒー器具。面白い形状のものが多くて気になっている。 どうやら下村企販株式会社という新潟県燕市にある会社のラインナップで、クラウドファンディングで資金を集めて開発しているみたい。結構な金額が集まってい[…]

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!