まるで現代アート。KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー

KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー 』を初めて見たときは、斬新なデザインに驚いた。

棒状のステンレスだけでデザインされたドリッパーは、もう現代アートにしか見えない。

何これ?
ドリッパーとして機能するの?と思ってしまったよね。
どう見てもただの棒だったので。

従来のドリッパーと大きく違って、透け透け。
ドリッパーの形をしているだけの、棒。

コーヒーが周りからこぼれてしまいそうで、正直このドリッパーでうまくコーヒーを淹れられるイメージが分かない。

「フィルターとか大丈夫?」
「ちゃんと淹れられるの?」

といった心配がうまれるけど、意外とちゃんとコーヒーを淹れられる。

たとえ周りが空洞になっていたとしても、ちゃんとまっすぐと下にコーヒーが抽出されていることがわかる。

透け透けでも案外、ちゃんと機能するという。

むしろ透けているため、カップの量がよく見える。

見えながらできるなら、意外と淹れやすいかも。

台座となる部分が大きめになるように設計されていて、カップに直接置いて使うことができるようになっている。

通常のサイズのもので、内径が10cmなので、それに合うサイズのカップならば問題なく使用可能なようだ。

気になる味については、メーカーの下村企販株式会社によると、「ワイヤーフレームはペーパーフィルターを塞がないので、雑味の少ないスッキリとしたコーヒーが淹れられます」とのこと。

なるほど。

おそらくガス抜けが良いというよりは、外枠がない分、お湯の抜けが早いので、抽出が早くすっきりとした味わいになりやすいのだと思う。

KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー 』は、注ぎ方が影響しやすいドリッパーでもある。

ドリッパーって、コーヒーを抽出する穴のサイズによって、求められる技量も変わってくるんだよね。
基本的には、穴の面積が大きいほど抽出が早いので、注ぎ方の影響を受けやすく技量を求められることに。

KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー 』は、もはや穴がない(抽出口が大きい)ので、良くも悪くも注ぎ方の影響を大きく受ける。
テクニックが必要になるので、おいしく淹れるにはなかなか難易度が高いドリッパー。

KOGU 珈琲考具

ステンレス ドリッパーのカラーバリエーション

KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー 』には、2種類のカラーバリーションがある。

シルバーブラック

ブラックもなかなかいい。
ステンレスに黒発色加工が施されているので、金属の輝きはそのままに高級感がある。

色落ちがしにくいので、安心して使用可能。
価格はシルバーに比べると結構高め。

サイズ幅15×奥行10.8×高さ8.8cm
重量(約)/110g
材質18-8ステンレス(黒発色加工)
ブラック
生産国日本

ステンレス ドリッパーのサイズバリエーション

シルバーのサイズは、1杯用2〜4杯用2〜6杯用の3種類。
デザインは一緒だけど、大きさが違う。

フィルターがどのぐらい上からはみだしているかを比較してもみると分かりやすい。

ワンドリッパー
2~4杯用
2~6杯用

大きくなるにつれ、フィルターがぴったりのサイズになっている。

フィルターは、どのサイズのドリッパーでも円錐形または台形の2~4人用のペーパーフィルターが使用可能

ちょっとはみ出してしまうけど、案外大丈夫。

詳細なサイズの違いは下の通り。

サイズ
ワンドリッパー幅13.2×奥行9.5×高さ7.8cm
内径8×深さ7cm
2~4杯用(約)幅15.0×奥行10.8×高さ8.8cm
内径10.0×深さ7.5cm
2~6杯用幅15×奥行11.3×高さ9.8cm
内径10×深さ8.5cm

KOGU 珈琲考具ではセット販売も

珈琲考具では、ドリッパーとドリップポッドをはじめとした、抽出器具のセット販売もしている。

コーヒー好きな人へのギフトにもちょうどいい。

セット販売は3種類。

珈琲考具 2点セット(ワンドリップポット・ドリッパー
珈琲考具 2点セット(ドリップポットITTEKIステンレスハンドル・ドリッパー)
珈琲考具 4点セット(ドリップポットITTEKI木ハンドル・ドリッパー・繰り返し使えるフィルター・割れにくいサーバー)

珈琲考具 2点セット ワンドリップポット・ドリッパー

珈琲考具 2点セット ワンドリップポット・ドリッパー』は、お一人様用のコーヒー器具ギフト。

一杯用の『KOGU 珈琲考具 ワンドリッパー』と、一杯用の『KOGU 珈琲考具 ワンドリップ ポット』がセットになっている。

KOGU 珈琲考具 ワンドリップ ポット』は、お一人様向けのドリップポット。
超細口の注ぎ口で、すごくゆっくりとお湯を注ぐことができる。

コンパクトな分、軽くて取り回しがしやすい。
場所も取らないため、意外と使い勝手が良かったりする。

おいしい一杯を淹れるには、おすすめのコーヒー器具セット。

あわせて読みたい

珈琲考具(コウグ)は、下村企販株式会社という新潟県燕市にある会社のラインナップです。新潟県燕市といえば、ステンレスの産地として有名な場所。 珈琲考具(コウグ)も、シンプルなステンレス製の器具が多いです。シンプルなデザインってすごく惹[…]

珈琲考具 2点セット ドリップポットITTEKIステンレスハンドル・ドリッパー

珈琲考具 2点セット ドリップポットITTEKIステンレスハンドル・ドリッパー』は、ドリッパーとドリップポットがついたコーヒー器具セット。

オーソドックなサイズ感で万能なギフトセットかな。
とりあえず、ドリッパーとドリップポットがあれば、コーヒー淹れられるしね。

セット内容は、『KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー』と『KOGU 珈琲考具 ドリップポット ITTEKI』の2つ。

KOGU 珈琲考具 ドリップポット ITTEKI』は、文字通り一滴ずつ注ぐことができるほど極細の注ぎ口が特徴なドリップポット。

注ぎ口が細いので、すごく注ぎやすくなっている。
思い通りに注ぐことができるため、淹れていて楽しくなるようなドリップポット。

コーヒーの好きな人にはおすすめのドリップポットとドリッパーのセット。

あわせて読みたい

珈琲考具(コウグ)とは、新潟県燕市の下村企販株式会社のコーヒー器具のシリーズ。 新潟県燕市といえば、ステンレスの産地として有名な場所。職人の街で作られたステンレス製品なので、細かいところまで気が使われています。 ちなみに、珈琲[…]

珈琲考具 4点セット ドリップポットITTEKI木ハンドル・ドリッパー・繰り返し使えるフィルター・割れにくいサーバー

珈琲考具 4点セット ドリップポットITTEKI木ハンドル・ドリッパー・繰り返し使えるフィルター・割れにくいサーバー』は、コーヒー好きな人向けのフルセット。

いますぐハンドドリップをしてみたい人に向けて、必要なものが一通り揃っている。
あとはコーヒーの粉があれば完璧かな。

セット内容は、『KOGU 珈琲考具 ドリップポット ITTEKI 木ハンドル』、『KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー』、『KOGU 珈琲考具 繰り返し使えるフィルター』、『KOGU 珈琲考具 割れにくいサーバー』の4つ。

このセットね、なかなかすごい。

セットについている『KOGU 珈琲考具 繰り返し使えるフィルター』は、文字通り繰り返し使うことができるフィルター。

ペーパーではなく、ポリエステル製の耐熱フィルター。
洗って何度でも使うことができるので、経済的なんだよね。

ペーパーに比べてメッシュが粗いため、コーヒーの油分を通す。
そのため、独特の風味や舌触りが楽しめるもの。

KOGU 珈琲考具 割れにくいサーバー』も、文字通り割れにくいサーバー。
一見ガラスのように見えるけど、ガラスじゃなくて「トライタン樹脂」と呼ばれるプラスチックを使用している。

落としてもそう簡単に割れないほど、すごく丈夫。
耐久性が高くて、ガラスに比べるとかなり軽いので取り回しもしやすい。
おすすめのサーバー。

これからコーヒーを始めたい人にもおすすめのフルセットになっている。

あわせて読みたい

珈琲考具(コウグ)は、新潟県燕市にある下村企販株式会社のコーヒー器具シリーズ。 珈琲考具(コウグ)とは、『コーヒーを美味しく淹れる為に【考】えられた道【具】』という意味だそうです。 家庭でコーヒーを淹れる時に、これがあったなら[…]

あわせて読みたい

なにげなく見つけた動画がすごかった。 珈琲考具を販売する下村企販株式会社の公式インスタグラム。この2ページ目の動画。 この投稿をInstagramで見る 下村企販株式会社(@shimom[…]

まるで現代アート。KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパーまとめ

KOGU 珈琲考具 ステンレス ドリッパー』について、紹介してきた。

珈琲考具とは、『コーヒーをおいしく淹れるために考えられた道具』という意味。
いいネーミングだよね。

新潟県燕市にある下村企販株式会社のコーヒー器具シリーズなんだけど。
新潟県燕市といえば、ステンレスの産地や金属加工の聖地として有名な場所。
品質もすごく期待できる。

珈琲考具のシリーズはどれも面白くて変わっているので、他のものもぜひ見て欲しい。

あわせて読みたい

最近、たまに見かける珈琲考具のコーヒー器具。面白い形状のものが多くて気になっている。 どうやら下村企販株式会社という新潟県燕市にある会社のラインナップで、クラウドファンディングで資金を集めて開発しているみたい。結構な金額が集まってい[…]

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!