シンプルで使いやすい。KOGU 珈琲考具のIH対応 焙煎器

コーヒーを淹れる為に考えられて道具で珈琲考具。
珈琲考具の焙煎機がなかなかいいんじゃないかと思う。

パッと見では、フライパンに網がついただけ。
グリル用?といった感じなんだけど、これ意外と良さそう。

天ぷら鍋にも見えなくもない。
普通にその辺の金物屋とかに売ってそう。

KOGU 珈琲考具

IH対応 焙煎機

使い方はいたってシンプル。
フライパンのように、煎って焙煎するだけ。

網で、コーヒー豆が飛び出さないようになっている。
この網が、重要な役目をはたす。

というのも、ひっくり返せばチャフだけ取ることができるから。

ひっくり返して振るだけ。
それだけで、チャフが下に落ちてくるので、簡単に豆とチャフを分離することができる。

なかなかいいんじゃないかな。

バケツを近くに落ちておけば、側面を叩いて簡単に落とせそう。
ちなみに、直接ゴミ箱に熱いチャフを捨てると、火災の危険があるから、注意が必要。

いったんバケツに移して、軽く水でもかけてから捨てた方がいいかも。

メンテナンスも普通のフライパンと一緒で、洗えばOK。
フライパンと同じように収納できるから、そこまで場所をとらないのもポイントが高い。

もちろん、コーヒー豆以外も焙煎可能で、ギンナン・大豆・胡麻とかの炒り器としても使える。

やっぱり、普段のフライパンと同じような形状というのが、とっつきやすくていいかもしれない。
自宅で焙煎してみたい焙煎初心者には、とてもおすすめ。

価格もそこまで高くないので、手が届きやすそう。

サイズ幅34.5×奥行16.6×高さ10cm(網セット時)
重量(約)/530g(セット) (本体:470g)
材質本体:鉄(透明シリコーン樹脂塗装、底厚1.5mm)
取手:天然木(ブナ)
取手金具:アルミダイカスト
網:18-8ステンレス(φ0.7mm×4メッシュ)
本体:ブラック
本体取手:ブラウン
網:シルバー
生産国日本
あわせて読みたい

最近、たまに見かける珈琲考具のコーヒー器具。面白い形状のものが多くて気になっている。 どうやら下村企販株式会社という新潟県燕市にある会社のラインナップで、クラウドファンディングで資金を集めて開発しているみたい。結構な金額が集まってい[…]

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!