麻が味わい深い。KOGU 珈琲考具 リネンフィルター

珈琲考具のリネンフィルターは、天然の麻でつくられている。
洗って使えば、繰り返し使うことができるエコで経済的なフィルター。

麻の味わいのある色合いが、コーヒーとすごくマッチする。
コーヒー豆も麻袋で運ばれてくるから、相性がいいのかもしれない。

メッシュがペーパーフィルターに比べると粗い。
そのため、コーヒーの油分も一緒に抽出され、独特な風味と舌触りが楽しめる。

どちらかというと、ペーパーよりネルドリップに近い感じ。
ネルもメッシュが粗いから、油分を通して独特なコーヒーになるのが特徴。
あの感じが好きで、昔から一定のマニアがいるんだよね。

ただネルよりは、管理が簡単だからお手軽。

ネルよりもお手軽というのも、洗うことができるから。
ネルドリップも洗えるんだけど、洗剤NG、乾燥NGだからね。

水洗いして、保管するときも常に水につけて湿らせないといけない。
そうしないと生地についたコーヒーの成分が腐って臭くなるから。

珈琲考具のリネンフィルターは、洗って乾かして使うことを推奨している。
だから、ネルに比べるとメンテナンスの手間が減ってお手軽。

捨てるだけのペーパーに比べたら、洗うのも面倒だけど。
買う手間が面倒か、洗う手間が面倒かの違いだと思う。

KOGU 珈琲考具

リネンフィルター

珈琲考具のリネンフィルターは、円錐形のフィルター。
円錐型のドリッパーと相性がいい。

ネルとは違い、フィルターだけの抽出はできないので、ちゃんとドリッパーが必要。
同じ珈琲考具のドリッパーももちろん使えるけど、HARIOのV60シリーズでも大丈夫。
自分の好みのものを使おう。

ちなみに、珈琲考具とは、コーヒーを淹れる為に考えられた道具のこと。
新潟県燕市の下村企販株式会社のコーヒーシリーズ。

ステンレスの産地で、金属加工の技術が世界的に有名なのが新潟県燕市。
品質の高さは折込済み。

そんな珈琲考具のコーヒー器具も、ひと工夫されたものが多くて面白い。

ちなみに、珈琲考具のシリーズは、あまり市販されていないので、買うなら公式オンラインストアelulushopがおすすめ。

サイズ幅18×高さ13cm
重量(約)/5g
材質生地:麻(リネン)
糸:ポリエステル
生成
生産国日本
あわせて読みたい

最近、たまに見かける珈琲考具のコーヒー器具。面白い形状のものが多くて気になっている。 どうやら下村企販株式会社という新潟県燕市にある会社のラインナップで、クラウドファンディングで資金を集めて開発しているみたい。結構な金額が集まってい[…]

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!