珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミルのメリットとデメリット、口コミを解説

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』とは、挽きながら微粉を取ることができる持ち運び可能な手挽きポータブルコーヒーミル。

新潟県燕市の下村企販株式会社という会社の、珈琲考具シリーズのミルです。

新潟県燕市といえば、ステンレスの産地で金属加工の技術が世界的にも有名な土地。

一つ一つが職人の高い技術によって仕上げられています。

今回は、そんな『珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』の特徴や使うさいのメリット・デメリット、口コミについて紹介していきましょう。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールの特徴

まずは『珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』の特徴から確認していきましょう。

シンプルなステンレス製のデザイン

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』は、シンプルなステンレス製のコーヒーミル。

ステンレスのメタリックな輝きがとてもスタイリッシュです。

サイズが小さくコンパクトなので、場所を取らないようになっています。

持ち運びがしやすい形状

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』は、持ち運び用のコーヒーミルですので持ち運びがしやすい構造になっています。

ハンドル部分が付属のシリコンベルトで、収納できるようになっており、コンパクトにして持ち運ぶことができることが特徴です。

自宅だけでなく、アウトドアでも使いやすい形状になっていますね。

微粉を取ることができる画期的な作り

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』の最大の魅力は、パウダーコントロールの名の通り、微粉を取ることができることでしょう。

微粉とは、コーヒーを挽くときに生じる細かい粉のこと。

普通のコーヒーの粉に比べて細かいので、一緒に抽出すると抽出ムラがでやすくなってしまいます。

微粉を取ることで、クリアな味わいのコーヒーを淹れることができるようになるので、近年プロの間からも微粉の除去については注目されています。

よく茶こしや専用のメッシュで取ることが多いのですが、『珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』ではミルの本体自体にメッシュフィルターがついています。

そのため、挽いてそのまま微粉を取ることができる構造になっていますね。

セラミック刃を使用

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』は、国産のセラミック刃を使用。

セラミックで熱を抑え、均一に素早く挽くことができるようになっています。

セラミックは、水分に強く耐久性が高いこともポイントです。

劣化しにくい仕様で、長く使うことができますね。

また、調節ネジを閉めることで、粒度(粉の粗さ)を細挽きから粗挽きまで調節することも可能です。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールの2つのメリット

merit

特徴を確認したところで、実際に『珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』を使ったときのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』のメリットは、以下の2つ。

・コンパクトで持ち運びがしやすい。
・微粉が取れクリアなコーヒーを淹れられる。

コンパクトで持ち運びがしやすい

コンパクトで持ち運びがしやすい形状だということ。

ハンドル部分が収納できるので、かなり小さくなるのはポイントですね。

収納するととても小さくなるので、アウトドアはもちろんちょっとした外出でも持ち運びがしやすくなります。

中には、職場に持ち込んで職場で挽きたてのコーヒーを楽しむという人もいるようです。

微粉が取れクリアなコーヒーを淹れられる

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』の一番の魅力は、微粉が取れるという画期的な構造でしょう。

微粉は近年注目されており、コーヒー用のメッシュも種類が増えてはきていますが、ミル自体にメッシュをつけているものというのは、あまり見たことがありません。

とても最新的で、コーヒーのことを考えられた構造になっていると思います。

微粉を取るだけでも、味が大きく変わってきます。

そのため、せっかく飲むならおいしいコーヒーが飲みたいという人にはおすすめです。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールの2つのデメリット

demerit

メリットに対して、『珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』のデメリットは以下の2つです。

・容量が20gと少ない
・軽量なため、挽くときに結構な力がいる。

容量が20gと少ない

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』は、1回で20gまで挽くことができるようになっています。

20gというと、せいぜい1~2杯分ぐらいでしょうか。

ちょっと少なめではありますね。

実は微粉が取れるようになっているものの、メッシュを入れた分、粉を入れられるスペースが減っているんですね。

大量に挽きたい場合には、何度かに分けて挽く必要があるでしょう。

軽量なため、挽くときに結構な力がいる

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』は、持ち運びがしやすいようにコンパクトに軽量になっています。

軽量コンパクトな分、挽くときに力を入れにくく、結構な力が必要になりますね。

このミルに限った話ではないですが、手挽きミルで挽くのはなかなか大変です。

この大変さを風流として捉えるか、大変だから電動にするかは、使う人の好み次第ですね。

底が平らになっているので、テーブルなど平らな部分に押さえつけるように使うと安定するようになります。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールの評判や口コミ

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』の評判や口コミも確認しておきましょう。

ツイッターでの口コミ

インスタグラムでの口コミ

ユーチューブでのレビュー動画

cafictさんのレビュー動画

コーヒーブロガーのcafictさんの動画。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』だけでなく、珈琲考具の器具全般のレビュー動画になっています。

実際に使っている様子が紹介されているので、とても分かりやすい動画です。

下村企販株式会社の公式動画

珈琲考具シリーズのメーカー、下村企販株式会社の紹介動画。

実際に珈琲考具の商品を一通り使用しているので、使い勝手をイメージしやすいですよ。

動画に登場するのは、どれも珈琲考具の商品ばかりです。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールを購入するなら

coffee-kogu

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』を購入するなら、メーカー公式ストアの『elulushop』がおすすめです。

楽天市場上にあるオンラインストアで、楽天市場と同じように購入することができるようになっています。

amazon.co.jpやWowma、Qoo10のようなネットモールで購入したいという人もいるようですが、まだ他のネットモールでは、あまり販売されていません。

購入するなら公式ストアから購入するのがよいでしょう。

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールのスペック

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』の細かいスペックは、以下の通り。

メーカー下村企販株式会社
シリーズKOGU / 珈琲考具(コウグ)
サイズ幅13.3×奥行5×高さ19cm
本体:直径4.7×高さ15.7cm
ハンドル収納時:幅8.5×奥行5×高さ16.7cm
重さ(約)/260g
容量20g
挽き方細挽き〜粗挽き
材質フタ・容器:18-8ステンレス
本体:18-8ステンレス・ポリプロピレン・ポリアセタール・ステンレス・鉄
ハンドル:ステンレス・ポリプロピレン
刃部:セラミック磁器
滑り止めグリップ:シリコーンゴム
カラー本体:シルバー(1部ブラック)
ハンドルツマミ:ブラック

まとめ

珈琲考具 手挽きコーヒーミル パウダーコントロールミル』について紹介してきました。

粉を挽きながら微粉が取れるというのは、画期的な商品だと思いますね。

近年のサードウェーブの流れで、おいしいコーヒーを楽しむ風潮がでてきています。

これまでは、マニアックだと思われていたことも一般に普及してきているので、自宅でのコーヒーもどんどん美味しくなってきていますね。

おうちコーヒーが専門店を超えるのも、時間の問題になりました。

最新情報をチェックしよう!