あると便利。KOGU 珈琲考具 コーヒーメーカー下 ストレージラック

珈琲考具(コウグ)は、新潟県燕市にある下村企販株式会社のコーヒー器具シリーズ。

新潟県燕市といえば、ステンレスの産地として有名な場所ですね。
職品質がよそさうです。

ちなみに、珈琲考具(コウグ)とは、『コーヒーを美味しく淹れる為に【考】えられた道【具】』だそうです。

珈琲考具(コウグ)コーヒーメーカー下 ストレージラックの外観と性能

外観はとてもシンプルなオールステンレス製。

意外とありそうでなかったですよね。
コーヒーメーカー下の収納スペース。

ストレージラックが1段のものと、2段ものがあります。

珈琲考具(コウグ)コーヒーメーカー下 ストレージラック 1段

1段のものは、スプーンやシュガーといった小物が入る引き出しがついています。

結構便利そう。

珈琲考具(コウグ)コーヒーメーカー下 ストレージラック 2段

2段のものは、1段の引き出しとカップがいくつか入ります。

丈が小さいカップなら良さそうです。

具体的なサイズの違いは、下のようになります。

サイズストレージラック1段ストレージラック2段
外側幅25×奥行29×高さ5cm幅25×奥行29×高さ14.2cm

天面幅23.5×奥行28.5cm幅23.5×奥行28.5cm
小物ケース内寸(小)19.8×3.7×深さ2.5cm
(大)19.8×18×深さ2.5cm
(小)19.8×3.7×深さ2.5cm
(大)19.8×18×深さ2.5cm
カップホルダー部内寸なし幅22×奥行28.5×高さ7.8cm
重さ1.32kg2.0kg

珈琲考具(コウグ)コーヒーメーカー下 ストレージラックと一緒に使いたい収納器具

珈琲考具(コウグ)のコーヒーメーカー下ストレージラックは、小物を入れるにはちょうどいいですが、フィルターや豆、粉を入れる専用スペースはないです。

2段なら、下の段に入れられなくもなさそう。

とはいえ、せっかく保管するなら専用のものを使うのもいいですよね。

珈琲考具(コウグ)からは同じシリーズで収納器具も出ています。

一緒に紹介しますね。

珈琲考具(コウグ)ステンレス フィルター スタンド

珈琲考具(コウグ)のシンプルなステンレスフィルタースタンド。

台形のフィルターでも円錐のフィルターでもセットすることができます。

ただ紹介しといてなんですが、個人的には、フィルタースタンドにペーパーフィルターを置くことはあまり推奨しないです。

というのも、外に出ているので湿気る可能性があります。
できれば、ジップロックでもいいので口が閉められる容器に入れた方がいいですね。

タッパーや、キャニスターでもいいでしょう。

そして、下のような乾燥剤(シリカゲル)を一緒に入れておくとさらにいいと思います。

関連記事>>>【珈琲考具(コウグ)ステンレス フィルター スタンド】収まりがいい

珈琲考具(コウグ)キャニスター

珈琲考具(コウグ)のキャニスターの外観はオールステンレスでとてもシンプル。

マットな感じが良さげとした見た目が可愛らしいキャニスターです。

同じシリーズの10gメジャーも一緒に保管することができます。

茶筒と同じような形状になっているので、光や湿気からコーヒーの粉が守られる仕様になっています。

関連記事>>>【珈琲考具 キャニスター】マットな感じが良さげ

珈琲考具(コウグ)には、ストレージラック以外にも様々な『コーヒーを美味しく淹れる為に【考】えられた道【具】』があります。

なかなかどれも面白いですよ。

せっかくコーヒー器具を揃えるなら、こだわりたいですよね。

自分にあったコーヒー器具を見つけると、よりコーヒータイムが楽しくなりますよ。

あわせて読みたい

最近、たまに見かける珈琲考具のコーヒー器具。面白い形状のものが多くて気になっている。 どうやら下村企販株式会社という新潟県燕市にある会社のラインナップで、クラウドファンディングで資金を集めて開発しているみたい。結構な金額が集まってい[…]

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!