twodrip

珈琲考具 ツードリップ ポット Proのメリットとデメリット、口コミを解説

twodrip

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』とは、2杯分を淹れるのにちょうど良いサイズの細口ドリップポット

twodrip

珈琲考具とは、コーヒーを美味しく淹れるために考えられた道具のこと。

このコーヒーポットにも、コーヒーを美味しく淹れるための工夫が詰まっています。

今回は、そんな『珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』の特徴や、使用するうえでのメリットやデメリット、口コミについて紹介していきます。

珈琲考具 ツードリップ ポット Proの特徴

まずは『珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』の特徴から確認していきましょう。

2杯分を淹れるのにちょうど良いサイズ感

kogu-twodrippro

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』は、ツードリップの名の通り、2杯分を淹れるのに適したサイズ感です。

実際には満水で700ml、実用量で500mlと3~4杯分も淹れられなくもないサイズですが、ちょうどよく使用できるのは2杯分ですね。

このコーヒーポット自体でお湯を沸かすこともできますし、別で沸かした沸騰したお湯を移せば、ちょうど良い温度に下がるのでより美味しいコーヒーを淹れることもできます。

わずか6mmの極細の注ぎ口

kogu-twopro

とても細い極細の注ぎ口が特徴で、8mmの注ぎ口が多いドリップポットの中で、このコーヒーポットは6mmという細さを誇ります。

そのため、お湯をよりゆっくりと安定して注ぐことが可能。

慌てることなく、コーヒーを淹れることができます。

どこからでも真下に落とせる特殊な構造

kogu-twodrippro2

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』は、注ぎ口の角度も独自の特殊な構造になっています。

S字を思わせるような角度のついた形状。

この形状のおかげで、どれだけ傾けても、どの角度からでも真下にお湯を落とすことが可能に。

ハンドドリップに慣れていない人でも、簡単に狙った場所にお湯を注ぐことができます。

使い勝手を重視したフタなしデザイン

kogu-twopro4

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』は、あえてフタをなくしたデザインにしてあります。

フタをなくして口径を幅広くとることで、より使い勝手がよくなりました。

口が広いので、お湯を入れやすく、洗浄の時も手を入れて洗ったり拭いたりすることができます。

水切れがよく逆さまにしておくだけで、水滴も残さず乾くというのも良いですね。

この形状にあわせた同じシリーズの『温度計』もセットして使用することができるようになっています。

珈琲考具 ツードリップ ポット Proの2つのメリット

merit

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』を使用するうえでのメリットとデメリットについても確認しておきましょう。

メリットは以下の2つです。

・ハンドドリップ初心者でも簡単
・フタがないのが使い勝手が良い

ハンドドリップ初心者でも簡単

kogu-twopro3

注ぎ口の細さと角度が特徴的なので、初心者でも簡単に扱うことができます。

ハンドドリップに慣れていないころにやりがちなのが、お湯の量や注ぐ場所がばらついてしまうこと。

どうしても安定した淹れ方ができずに、味のムラができてしまいます。

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』だと、注ぎ口が細く角度がついているので、湯量も注ぐ場所も安定させやすいので安心です。

フタがないのが使い勝手が良い

意外と便利なのが、フタがないこと。

フタがないのでフタをなくす心配もありませんし、忙しい朝でもすぐにお湯を入れて使うことができます。

洗った時も男性だと手が入りにくいコーヒーポットが多い中、このコーヒーポットなら手を入れて洗ったり拭いたいできますから。

とても使い勝手のよいドリップポットだと思います。

珈琲考具 ツードリップ ポット Proの2つのデメリット

demerit

メリットに対して、デメリットは以下の2つです。

・湯量の調節は難しい
・お湯が冷めやすい

湯量の調節は難しい

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』は、注ぎ口が細いため湯量を細くする分にはとても使い勝手は良いです。

ただ、逆に湯量を増やしたい時には、難しいですね。

ある程度ハンドドリップに慣れた人なら、ときには湯量を増やす必要があるときがあるかと思います。

そんな時には、細口のコーヒーポットは厳しく、できれば根元が太い鶴口のドリップポットを使用する方がおすすめです。

お湯が冷めやすい

あえてフタを外したデザインは使い勝手は良いものの、やはりデメリットもあります。

フタがなく口径が広いため、お湯の温度が下がりやすいことです。

特に蒸らしを行っているタイミングでは、フタありのものと比べてすごいスピードで温度が下がっていきますね。

あまり蒸らし時間をとるような淹れ方をするときには向いていません。

珈琲考具 ツードリップ ポット Proの評判、口コミ

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』の評判や口コミも確認しておきましょう。

ツイッターの口コミ

インスタグラムの口コミ

View this post on Instagram

テレワーク中、何かとラジオ代わりにつけてたyoutube。 1番のお気に入りはCAFICTさん @cafict で、ゆったりな音楽聴きながらコーヒーや暮らしについての情報が得られるのでありがたい。 そしてそこで知った珈琲考具という珈琲用具が、正に探していたものだったので購入した。 実は妻がIDEAで欲しいものがあってそれを購入した時にチェックしてたんだけど、その時はあまり興味無かった。でも使ってるとこ見ちゃうと欲しくなるよね^_^ PAYPAYモールのZOZOにもIDEAあったので貯まってたポイント使って半額くらいで購入出来た! 極細の注ぎ口から真下に落ちるお湯は針穴に糸を通す様な繊細さ。 ドリッパーに落とす湯量がゆっくり適量をキープ出来るからか浅煎りの粗挽豆も雑味がないのにしっかり香りと甘さ、果実感を残して入れることが出来た。 あとドリッパー大とリネンフィルター、微粉落としも楽天の久しぶりクーポン使って安く買えたので今から届くのが楽しみ🥰 最終的には時間も計れるスケールと温度計も欲しい! #コーヒー #珈琲 #珈琲のある暮らし #珈琲好きな人と繋がりたい #コーヒーのある暮らし #コーヒー好きな人と繋がりたい #ハンドドリップ #ドリップコーヒー #珈琲考具 #イデアインターナショナル #ツードリップポット #燕三条 #本間数勇商店 #佐渡島 #新潟 繋がり!

A post shared by naoki (@naokita333) on

YouTubeのレビュー動画

コーヒーブロガーのcafictさんのレビュー動画。

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』をはじめとしたコーヒー器具を使っている様子をレビューしています。

静かだけど、字幕付きでとても分かりやすい動画です。

コーヒーYouTuberのカズマックスさんのレビュー動画。

実際に『珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』を使用してみての感触を紹介しています。

丁寧に紹介されていて、分かりやすいですよ。

珈琲考具 ツードリップ ポット Proを購入するなら

coffee-kogu

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』を購入するなら、公式オンラインストアである『elulushop(エルルショップ)』がおすすめ。

楽天市場上にあるオンラインストアで、楽天市場と同様にお買い物をすることができます。

もちろん楽天ポイントも使えますよ。

まだ、アマゾンをはじめとしたネットモールでは見かける機会は少ないです。

購入するなら安心の公式オンラインストアが良いでしょう。

珈琲考具 ツードリップ ポット Proのスペック

kogu-twodrippro

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』の細かいスペックは以下の通りです。

ブランド珈琲考具( KOGU / コウグ)
商品名ツードリップ ポット Pro
サイズ幅25.5×奥行13×高さ11cm
内径8.5(底径11.5)×深さ9.5cm
重量重量(約)/325g
容量容量(約)/満水750ml、適正500ml
材質本体・ハンドル:18-8ステンレス
底:18-0ステンレス
シルバー / ブラック
IH
食器洗浄機
生産国日本
企業下村企販株式会社

まとめ

珈琲考具 ツードリップ ポット Pro』について紹介してきました。

フタなしデザインの思いっきた設計のコーヒーポットですが、使い勝手はとても良いと思います。

ハンドドリップ初心者はもちろん使いやすいでしょうし、慣れた人でも使いやすさに驚くのではないでしょうか。

初めての自宅でのドリップポットにおすすめです。

twodrip
最新情報をチェックしよう!