コーヒーの包材にはどんなのが向いてる?

ガスバリア性の低い(成分が通過しやすい)包材でコーヒーを包装すると、完全に封をしても包材を通してコーヒーのにおいが漏れてきます。

このような包材では、外部の酸素や水分、においなどが内部に入り込んでしまいます。

長期的な保存を考えるのであれば、ガスバリア性の高い包材を選ばなければなりません。

包材の選択を誤れば、せっかく作り出した内部環境が維持されず、意味がないからです。

コーヒーの包材として、従来は缶などが用いられてきましたが、近年、いわゆるフレキシブルパッケージング(軟包装)への包装形態の移行が急速に進んでいます。

そしてそれに伴って、いろいろな性質をもったフィルムを貼り合わせて作った、優れた特性を示す包材が出回るようになっています。

こうしたフィルムの一般的な構造は、一番外側に強度の高いポリエステル(PET)やナイロン(Ny・PA)などが使用され、一番内側には熱で簡単に溶けてくっつきやすい(つまり熱でシールしやすい)ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)などが使用されます。

そして中間層として、アルミ箔(AI)、アルミ蒸着ポリエステル(VMPET)、エチレン・ビニルアルコール共重合体(EVOH)など、バリア性の高いフィルムを挟んでいます。

各層のフィルムはドライラミネートという方法で貼り合わせれることが多く、インクや接着剤の残留溶剤が異臭となることがあり、形状や材質によってはシールしにくいこともあるため、フィルムの選択、シール作業ともに十分な注意が必要です。

包材のロット(製造単位)を変更する際も、同様に注意が必要です。

なお、近年の傾向として、ダイオキシンの発生のおそれのある塩化ビニルなどの塩素系ポリマーが使われなくなったことが挙げられます。

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!