コーヒーの果実はどんな工程を経て一杯のコーヒーになるのか?

一杯のコーヒーができるまでには、たくさんの工程とそれに携わるたくさんの人々の苦労があります。

まずは、収穫された果実「コーヒーチェリー」の中から種子を取り出して「生豆」に加工します。

この工程を「精選」と呼びます。

精選工程のうち、果肉や薄い殻などを取り除く工程を「精製」と呼び、大きさを揃えたり、品質上好ましくない豆を取り除いたりする工程を「選別」と呼びます。

こうしてできた生豆は、袋詰めされて消費国に向けて輸出されていきます。

輸入された生豆は、専門の業者によって「焙煎」「ブレンド」されます。

この専門業者のことを「焙煎豆」と呼びます。

生豆は焙煎によって初めて飲用に適した状態になります。

焙煎豆は豆の状態のまま消費者に届けられることもあり、それを粉砕した「粉」の状態で届けられることもあります。

豆を粉砕するための機械(粉砕機器)は「ミル」といいます。

買ってきた粉、あるいは自分で挽いた粉を「抽出器具」にセットして、湯を注げば一杯のコーヒーが出来上がります。

このコーヒーを淹れる工程を「抽出」といいます。

抽出器具には、ペーパードリップ用、ネルドリップ用、フレンチプレス、サイフォンなど様々な種類があります。

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!