コーヒーはどのように日本に運ばれてくる?

生豆の輸送には船便が使われることがほとんどです。

多くの場合、コーヒーの生豆は生産国(もしくはその近隣国)でコンテナに詰められて輸出されます。

コンテナと同程度の大きさの袋が使われることもありますが、数十kg程度に小分けして容器に詰め、それをコンテナに詰め込んでいくのが主流です。

この容器にはさまざまなものがあります。

特殊なものとしては、ジャマイカではブルーマウンテンのように樽に詰めるものがあり、インドネシアやイエメンなどではかごに詰めることもあります。

一般には麻やサイザル麻(これは麻の仲間ではありません)で編まれた、いわゆる麻袋が使用されますが、その容量は45kg(ハワイ)、60kg(ブラジルなど)、69kg(中米)、70kg(コロンビア)など国によって様々です。

これを250袋程度一つのコンテナに詰めるのが一般的です。

また、最近では自家焙煎店などで使いやすい10~15kg程度の小さな麻袋が使用されることも増えてきました。

コーヒー生産国を訪れると、細身の男性が重い麻袋を軽々とかついでコンテナに詰め込む様子を見ることができます。

感心すると同様に感謝の気持ち、さらには申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

過酷な労働に支払われる対価はごくわずかであるのが現状です。

コンテナには、空調の機能がないドライコンテナと、空調付きのリーファーコンテナがあります。

主として使用されるのはドライコンテナですが、これは生豆の品質上あまりよい環境ではありません。

産地で生豆と一緒にたくさんの水分を含んだ暖かい空気を含んだコンテナは、密閉された後船積みされて、1ヶ月ほどかけて日本に運ばれてきます。

その間、日々温度変化と湿度変化を繰り返していくことになります。

日本に近づいてくるとコンテナ中の空気の温度が下がり、結露が起こることもあります。

最近では、リーファーコンテナの利用も増えてきました。

コンテナ自体の値段も上がりますし、詰める麻袋の数も減るために割高になりますが、温度・湿度の変化が少なく、生豆の品質の保持には有効です。

私はときどき、コンテナ中の温度・湿度変化と輸送による品質の変化を調査するのですが、高品質の、高値で取引されるコーヒーでは、コストアップ以上の効果が期待できると考えています。

最新情報をチェックしよう!