いいかもしれない。スタバ コーヒートラベラーでテイクアウト

スタバーバックスが持ち帰り専用の大容量テイクアウトコーヒーを始めた。
スターバックス コーヒートラベラー 』

淹れたてのドリップコーヒーをショートサイズで約12杯分を、持ち帰り専用のコーヒーポットにしたサービスのこと。

料金は、税別価格は2700円。
プラス54円で、ディカフェにすることもできる。

直接、店舗に連絡した場合は、豆が選べることもあるそう。
Uber Eatsなど、ネットでの出前注文の時は不可。

付属品は、ペーパーカップ、ポーションミルク、シュガー、マドラー、ナプキン。

これは、なかなかいいんじゃなかろうか。
ありそうでなかったコーヒーのポットサービス。

しかも紙だから飲み終わったら、捨てるだけでいいというのが、ありがたい。

基本的な注文方法は、店舗での受け取り。
時間がかかりそうなので、事前予約しておくとよさそう。

そして、Uber Eatsでも配達可能。
Uber Eatsを見てみると、ちゃんと追加されている。

ただし、同時注文は2つまで。
サイズが大きく飛び散る恐れがあるから、他のドリンクとの同時注文もご遠慮したいとのこと。

なるほど。
注文するなら、コーヒートラベラーだけの注文にしておいた方がよさそう。

とはいえ、需要はあると思う。
オフィスやイベント、ご近所の集まりにもちょうど良さそうなサイズ感だから。

在宅勤務や外出自粛がうながされているなか、コーヒーポットの配達サービスはありがたい。
しかも、専用の紙製容器というのがいい。

コーヒーポットサービスだと、返却しなくてはいけないものが多いなか、返却不要のコーヒーポットサービス。
そこのニーズを抑えてくるのは、さすがスタバかな。

STARBUCKS スターバックス

COFFEE TRAVELER コーヒートラベラー

淹れたてのドリップコーヒー約12杯分(ショートサイズ換算)を持ち帰り専用の新タイプ容器(返却不要)に入れて用意するサービス。

ちなみにスタバの「ドリップコーヒー」のショートサイズの価格は1杯290円12杯注文するとなると3,480円
12杯分用意するつもりなら、コーヒートラベラーを使った方がコスパがいい。

コーヒートラベラーなら、1杯225円。
1ケースで、2,700円。

蛇口がついているタイプの専用容器なので、お手軽。

持ち運びがしやすいように、取っ手がついている。

アウトドアや花見、小学校の運動会でも、気軽に持っていくことができる。

これはお手軽。
12杯分入っているとはいえ、取っ手がついているなら持ち運びは簡単。

これからの外出の季節、人数が多い時にはいいかも。

コーヒートラベラーの付属品

付属品は、ペーパーカップ、ポーションミルク、シュガー、マドラー、ナプキン。

注文方法によっては、スタッフと相談可能。

たとえば、店頭または電話でご注文の場合は、事前に連絡すれば、好きなコーヒー豆を選べる

Uber Eatsの場合は、選択不可で、ディカフェだけプラス54円。

個人的には、かなり良いと思う。
時代の流れにそった商品で、これから間違いなく流行る。

さすがスタバといった商品。

Uber East 割引クーポン

コード:eats-trftzejnue

上記コードを入力して注文すると、お得なクーポンがもらえます。
例)750円×2回値引きetc.

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!