【お湯とは違う】水出しコーヒーの3つの特徴と淹れ方

よく夏場になると登場するのが、水出しアイスコーヒー。

なんのことだろうと思いつつも注文する人も多いのではないでしょうか。

水出しコーヒーとは文字通り、お湯ではなく水を使って淹れるコーヒーのことです。

コーヒーは通常はお湯で淹れますが、水出しコーヒーは水で淹れます。

自宅でも簡単に作ることができるので、おすすめですよ。

水出しコーヒーの特徴

水出しコーヒーは、お湯で淹れるコーヒーとは、違う特徴があります。

大きく3つですね。

Point!
・苦味が抑えられマイルドになる
・香りは少なめ
・時間がかかる

ひとつずつ説明していきます。

水出しコーヒーの特徴①苦味が抑えられマイルドになる

水出しコーヒーは、お湯で淹れるコーヒーに比べ苦味が少なめでマイルドな味わいです。

そもそもコーヒーは、コーヒーの成分をお湯に移すことで出来上がります。
コーヒーの抽出原理ですね。

お湯に溶ける成分は水にもある程度溶けるものが大半なので、水でもコーヒーを淹れることはできます。

しかし、湯温が低いことから、溶けにくい成分も多いです。
その一つが苦味成分。

味として重く感じがちな苦味成分は水に溶けにくいので、水出しコーヒーはマイルドな味わいになりがちです。

水出しコーヒーの特徴②香りが少ない

水出しコーヒーは、お湯に比べて湯温が低いため、溶けにくい成分があります。

溶けにくいのは味だけでなく、香りの成分も同じ。

水出しコーヒーの場合は、香りの成分が溶けにくく、コーヒーの良い香りはほとんど溶け出しません。

香りを求める場合は、お湯で淹れた方がいい香りが出るようになります。

水出しコーヒーの特徴③時間がかかる

水出しコーヒーの場合、湯温が低いことから、コーヒーの成分を水に移すのに時間がかかります。

お湯の場合、数十秒から数分で移せる成分も水出しコーヒーだと、抽出するには数時間から数十時間かけることになります。

それだけ、成分を抽出するのに時間がかかるんですね。

水出しコーヒーの淹れ方

水出しコーヒーを淹れる場合、専用の器具を使うか、専用のパック商品を使うかが一般的です。

とはいえ、仕組みは簡単なので専用の器具を使わなくても淹れられます。

水出しコーヒーの淹れ方
・専用のパックで水出しコーヒーを淹れる
・専用の器具で水出しコーヒーを淹れる

・他の器具で水出しコーヒーを淹れる

専用のパックで水出しコーヒーを淹れる

専用のパックは、麦茶に似ていて、フィルターにコーヒーの粉が詰められているタイプのものです。

大手のコーヒー会社がよく市販しています。

下のようなものですね。

水に入れて置いておくだけなので、とても簡単です。
長く入れすぎると苦味が抽出されすぎるので、注意しましょう。

専用の器具で水出しコーヒーを淹れる

お店では水出しコーヒーを淹れる際に、理科の実験に使うような専用のガラス器具を使います。

フラスコのコックを水が一滴ずつ落ちるように調整し、コーヒーの粉の層の上に落としていくことでゆっくりとコーヒーを抽出します。

ぼたぼたと落ちていく水滴がゆっくりと粉の層に浸透して、褐色に変わっていく様子は見ていて楽しいです。

業務用のものは巨大ですが、家庭用でも似たような器具はあります。

専門店で使っているものをそのまま小さくしたようなものですね。

ただ、家庭用のものは水が粉に対して均一にかかりにくいんですよね。
そのため、抽出ムラができやすいことが難点です。

均一にかからない時は、コーヒーの粉の上にフィルターを一枚置くと均一に抽出できるので試してみてください。

他の器具で水出しコーヒーを淹れる

水出しコーヒーは、専用の器具だとおいしく淹れらえますが、専用の器具がなくても淹れられます。

フレンチプレスでもできますし、鍋やマグカップでもなども使えます。

最近は、下のようなフィルター付きの器具など便利なものも増えてきました。

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR《コーヒー作りに》/ガラス/ラッピング承ります【熨斗不可】

コーヒーの粉を入れて、水を入れて、あとは待つだけ。

適度な濃度になったところでペーパーやフィルターで濾過すれば出来上がりです。

気軽にできるので、自宅でも簡単ですよ。

最新情報をチェックしよう!