cores-gold7

コレス ゴールドコーンフィルター C250GDのメリットとデメリット、口コミを解説

cores-gold7

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』とは、大石アンドアソシエイツが手掛ける純金メッキの金属コーヒーフィルター。

cores-gold

ゴールドの輝きが美しく、とても高級感があります。

ただデザインのためだけに純金を使っているわけではなく、コーヒーの味を最大限引き出すために、コレスではゴールドを使っています。

今回はそんな『コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』の特徴や使用するうえでのメリット・デメリット、口コミについて紹介していきます。

コレス ゴールドコーンフィルター C250GDの特徴

まずは『コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』の特徴から確認していきましょう。

ゴールドの輝きが美しい純金メッキ

cores-gold2

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』は、純金でメッキ加工されているステンレス製の金属フィルター。

満遍なく純金でメッキ加工されたデザインは、とても美しい輝きを放っています。

見るからに、高級感がありますね。

なぜゴールドを使っているのか

cores-gold3

なぜわざわざ純金でメッキ加工しているのかというと、金が化学変化にとても強い素材で、味と香りに対して最も影響が少ないからです。

金属フィルターを使うと、どうしても金属のにおいなどがコーヒーに移りがちです。

そういったことを防ぎ、コーヒーの味を最大限引き出すために、ゴールドが使用されているんですね。

独自の目詰まりしにくいメッシュ

cores-gold4

ただ純金を使って、それで終わりといういうわけではなく、コレス 独自の工夫もされています。

それが、杉綾模様の縦型メッシュです。

拡大してよく見てみると、ただ縦型の穴が規則的に配置されていることが分かります。

この抽出穴をあえて縦型にして配置することで、目詰まりを防ぎコーヒーの抽出スピードをサポートする働きになっているんです。

過抽出を防ぐ工夫

core-gold4

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』を上から見た様子です。

上から見ると分かりやすいですが、底部が平らになっていることが分かります。

過抽出は雑味やえぐみの原因となるので、あえて底部をフラットな形にすることで、コーヒーが過抽出を防ぐ働きをしています。

コレス ゴールドコーンフィルター C250GDのメリット・デメリット

それでは『コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』を使用する上でのメリット・デメリットについて確認しておきましょう。

3つのメリット

merit

・高い耐久性
・コーヒーの油分を楽しめる
・洗えば繰り返し使えて経済的

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』のメリットは上記の3つです。

高い耐久性

cores-gold6

純金は化学変化にとても強い素材で、酸化しにくいことが特徴です。

コーヒーへの味への影響が少ないのはもちろんですが、酸化に強いということは耐久性も高くなります。

一度購入すれば、長く使うことができるフィルターです。

コーヒーの油分を楽しめる

cores-gold5

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』は、ペーパーフィルターに比べてメッシュが粗く、コーヒーの油分などの成分も通しやすくなっています。

そのため、独特の風味や舌触りが特徴的で、トロッとしたようなまろやかなコーヒーを楽しむことができます。

通常の金属フィルターに比べても、抽出スピードが早いため、よりシルキーで軽やかな味わいになりますね。

洗えば繰り返し使えて経済的

ペーパーフィルター不要でコーヒーを淹れることができるので、わざわざペーパーフィルターを用意する必要がありません。

丸洗いするだけで、繰り返して何度でも使用可能です。

消費コストがかからないので、長い目でみれば経済的なエコフィルターになりますね。

コレス ゴールドコーンフィルター C250GDのデメリット

demerit

・ペーパーフィルターに比べると面倒
・微粉は多少は残る

・挽き方によっては目詰まりしやすい

メリットに対して『コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』のデメリットは上記の3つです。

ペーパーフィルターに比べると面倒

cores-gold7

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』は、ペーパーフィルターなしで使用することができる金属フィルターです。

しかし、やはり捨てるだけのペーパーフィルターに比べると、洗う手間は面倒です。

粉を捨てて、洗って引っかかった粉を取って、と手間はかかりますね。

食器洗浄機は対応しているので、それでカバーするしかなさそうです。

微粉は多少は残る

金属フィルターは、目の粗さから、どうしてもコーヒーに微粉が混じりがちです。

コーヒーの最後の方には、粉っぽいざらっとした食感が残ることもあります。

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』は、他社の金属フィルターに比べると、格段に微粉の量は減っています。

ただ、それでもゼロではありません。

多少は微粉があるので、気になる人は気になるかもしれないです。

挽き方によっては目詰まりしやすい

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』は、特殊な目の形状をしているので目詰まりはしにくくなっています。

たださすがに挽き方が細かい粉だと目詰まりしてしまいます。

できれば、中挽きや中粗挽きあたりを使う方がおすすめですね。

粗挽きだと目詰まりはしないでしょうが、抽出スピードも早いので、薄いコーヒーになってしまう可能性があります。

コレス ゴールドコーンフィルター C250GDの評判、口コミ

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』の評判や口コミを確認していきましょう。

ツイッターの口コミ

インスタグラムの口コミ

YouTubeのレビュー動画

coresの公式YouTubeチャンネルです。

実際に『コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』を使用してコーヒーを淹れている様子や、コーヒーのおすすめの淹れ方、器具の使い方など丁寧に解説してあります。

動画も美しく編集してあるので、とても見やすいですよ。

COFFEE SAMURAI「YUKIHIRO」さんのレビュー動画です。

実際に『コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』を使ってコーヒーを淹れる様子を解説しています。

コレス ゴールドコーンフィルター C250GDを購入するなら

netmall

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』は、amazon.co.jpや楽天市場、Yahooショッピングで販売されています。

公式オンラインサイトもありますので、そちらからも購入可能です。

おすすめはアマゾンか公式オンラインストア。

価格が安定していることが多いので、安心して購入することができます。

専用サーバーもセット販売している

cores-gold9

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』には専用のサーバーもあり、セットで購入するとお得になっています。

ゴールドコーンフィルター&サーバー C750GD』。

単品でも購入することができるので、後からでも購入可能です。

コレス ゴールドコーンフィルター C250GDのスペック

cors-gold8

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』の細かいスペックは以下の通りです。

ブランドcores(コレス)
品名コーンゴールドフィルター
型番C250GD
本体価格10,000円+税
サイズW14.5×D14.5×H8.5cm
重量80g
素材純金メッキ(ステンレス)
最大容量32g
耐熱温度130℃
メーカー株式会社大石アンドアソシエイツ
生産国中国

まとめ

コレス ゴールドコーンフィルター C250GD』について紹介してきました。

純金をコーヒーフィルターに使うとは思い切りましたよね。

メッキとはいえ、とても高級感のある仕上がりとなりました。

コーヒードリッパーとしては、とても高価ですが、一生使えるほどの耐久性の高さと性能を誇るので、長い目で見ればお得かもしれません。

cores-gold7
最新情報をチェックしよう!