cores(コレス)よりチタンコーンフィルター&サーバーが登場【C761GY】

純金メッキのゴールドフィルターで有名なcoresから、チタン製のコーンフィルターとサーバーが発売されました。

コレス チタンコーンフィルター & サーバー 500ml C761GY

新しく販売されたチタン製のコーンフィルター。
黒の質感がかっこいい。

coresといえば、純金メッキのゴールドが有名ですが、チタンもいいですね。

一番の違いは、やはり価格。

これまでのゴールドコーンフィルターは、下の純金メッキのゴールドフィルターは、10,000円(税抜)

対して、今回発売されたチタンコーンフィルターは、5,000円(税抜)とゴールドの半分の価格です。
手が届きやすい価格になりました。

ゴールドコーンフィルターが欲しいけど、手が届かないという金属フィルター初心者向けに作られたラインナップとのこと。

それに、チタンだからといって、性能が悪いわけではないです。
ゴールドの方が熱伝導に優れ、耐久性も高いとはいえ、チタンも変色しにくく錆びにくい素材

十分に美味しくコーヒーを淹れることができます。
実際に、淹れ比べてみても、プロでも少し違うかもとわかる程度の違いだそうです。

コーヒーサーバーとセットになっているものもあって、セットだと6,000円(税抜)
ピッチャーのような形状のサーバーで持ちやすく、注ぎやすい形状。

いまのところ、このサーバーだけの販売はなし。
その代わり、既存のガラスサーバー クリア C550でも、チタンコーンフィルターは使えるようになっています。

ガラスサーバー クリア C550は、独特の形状で、ワイングラスのようなサーバー。
ワイングラスのように膨らんでいるので、蒸気と香りが充満し、ドリップ時に芳醇な香りが立ちのぼるようになっています。

なるほど、考えられていますね。

サーバー単品で買えるのは、公式オンラインストアのみ。
Amazonや楽天では、ゴールドコーンフィルターとのセットで販売。

cores コレス

チタンコーンフィルター & サーバー 500ml C761GY

cores チタンコーンフィルターは 『縦型のメッシュフィルター』
「丸形」や「杉綾模様」のメッシュに比べて、コーヒー粉で目詰まりにしくく、短時間で抽出できる構造となっています。

よく拡大してみると、穴の一つ一つが縦に細長くなっていることが分かりますね。

また、円錐の底を平らにすることで、流れが集中しないようになり、ドリップの過抽出を防いでいます。
底をフラットにすることで雑味やえぐみが出にくくなっているそう。

サーバーもピッチャー型で持ちやすい形状。
くびれ部分の内径が約8cmあるので、奥まで手を入れやすく洗うときに便利。

よくみると、サーバーの下部にドットがあります。
このドットは目安としておおよそ250mlと500ml のライン。

外から見て抽出量が分かりやすくなっています。

金属フィルターだから、もちろんペーパーフィルターは不要。
後片付けはペーパーに比べると面倒臭いけれど、コストや保管の手間はなくなります。

食器洗浄機や乾燥機も使用可能です。

金属フィルターの場合、ペーパーよりもメッシュが大きいので、コーヒーの脂質も一緒に抽出されるんですよね。
ちょっとトロっとした独特の舌ざわりが楽しめます。

微粉は少ない気がするけど、やっぱり入りがちですね。

Cores(コレス)チタンコーンフィルター&サーバー C761GY

内径が大きいので、氷が大きくても入りやすい。
アイスコーヒーもサーバーで作れます。

品名チタンコーンフィルター&サーバー C761GY
型番C761GY
本体価格6,000円+税
サイズW17.5×D13.0×H18.5cm
重さ470g
素材チタンメッキ(ステンレス)、ガラス
容量500ml
耐熱温度130℃
食器洗浄器
(乾燥機)

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!