手頃な大きさと価格。Delonghi デロンギ アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011J

Delonghi デロンギ アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011J』は、コンパクトでお手頃なドリップコーヒーメーカー。

最大5杯分淹れることができる。
デロンギのドリップコーヒーシリーズの中でも、もっとも需要のあるサイズ感だ。

カラーバリエーションは、インテンスブラックパッションレッドトゥルーホワイトの3種類。

インテンスブラック
パッションレッド
トゥルーホワイト

定番の色合いで使いやすいインテンスブラックトゥルーホワイトに、インテリアのアクセントになるパッションレッド

部屋に馴染みやすいデザインも人気の理由だ。

Delonghi デロンギ

アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011Jの性能

Delonghi デロンギ アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011J』は、最大5杯分を淹れられるドリップコーヒーメーカー。

一番の特徴は、やはりそのサイズ感
5杯分の容量を持ちながら、コンパクトな設計が注目を集めている。

というのも、水タンクが縦に長いんだよね。
そうすることで、幅18cm、奥行きも20cmとちょうどよいサイズに収まっている。

機能自体は、とてもシンプルでコーヒーの粉と水をセットしてボタンを押せば、コーヒーが淹れられるというもの。

AROMA(アロマ)モードと呼ばれる、いわゆる“蒸らし”機能も搭載している。
本格的なハンドドリップの手法に近い間欠抽出で、コクのある味わいを楽しむことができるだろう。

しっかり飲みたい時は、AROMA(アロマ)モードといったような味の違いが楽しめるのも、魅力の一つ。

特に味の調整をできる機能はないので、基本的にはコーヒーの味の調整は豆の量で行うことになる。
しっかり飲みたい時はちょっと多めに粉を入れたり、クリアにしたいなら粉を少なめにといったところ。

基本的には、粉の量で味の調整をするわけだけど、フィルターでも味が変わってくる。
もともと付属しているのは、ペーパーレスフィルター。

ペーパーレスフィルターは、ペーパーなしでそのまま使用することができるフィルターで、洗うことで繰り返し使用できる経済的なエコフィルター。

ペーパーフィルターに比べると目が粗く、コーヒーの油分を通しやすい。
そのため、独特の風味や舌触りになりやすいのが特徴。
ただし、目詰まりもしやすいので、あまり細かく挽いた粉は使えず、掃除も面倒臭い。

洗浄が面倒だという人は、ペーパーフィルターを使えば、捨てるだけなので簡単に後片付けが可能だ。

Kalita カリタ ペーパーフィルター』なら互換性がある。

Kalita カリタ ペーパーフィルター』のようなペーパーフィルターを併用することで、片付けが簡単かつクリアな味わいになりやすい。

ペーパーのあるなしで飲み比べてみるのも面白いと思う。

ちなみに、ペーパーには無漂白の茶色のものと漂白済みのホワイトのものがあるが、おすすめは漂白済みのホワイトのもの。
紙の匂いがしないので、コーヒーの味だけに集中できる。

アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011Jのスペック

Delonghi デロンギ アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011J』は、最大5杯分のコーヒーが淹れられる手頃なサイズのドリップコーヒーメーカー。

インテンスブラックパッションレッドトゥルーホワイトの3種類のカラーがある。

コーヒーは粉と水をセットしておけば、ワンタッチで淹れることができ、淹れ終わった後は40分間保温される。

普段のメンテナンスは、抽出部の洗浄だけで十分。

だけど、半年に一回程度は石灰の除去もした方が良い。

水0.65Lと食酢大さじ1杯を混ぜ、から回しをすると石灰が除去できる。
食酢を使った後は、水だけで2~3回ほどから回しすれば匂いもとれるだろう。

細かいスペックは下の通り。

商品コードICM14011J
商品名デロンギドリップコーヒーメーカー
インテンスブラック:ICM14011J
パッションレッド:ICM14011J-R
トゥルーホワイト:ICM14011J-W
電圧/周波数100V(50/60Hz)
消費電力600W
外形寸法(mm)幅180×奥行200×高さ270
本体重量(kg)1.2
コード長1.8m
タンク容量/ジャグ容量0.65L(約5杯分のコーヒー抽出に必要な水量)
付属品計量スプーン、ガラスジャグ
認定マークJET S-Mark 取得
原産国中国

手頃な大きさと価格。Delonghi デロンギ アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011Jまとめ

Delonghi デロンギ アクティブ ドリップコーヒーメーカー ICM14011J』について紹介してきた。

幅180×奥行200×高さ270とコンパクトなドリップコーヒーメーカー。
家族でも一人暮らしでも、家庭で使うならちょうどよいサイズ感だと思う。

値段も手頃なので、手が届きやすいものポイントだ。

あわせて読みたい

デロンギは、イタリアの家電ブランド。日本では、オイルヒーターや調理家電が有名だ。おしゃれなデザインのものが多く、機能もシンプルで使いやすいことから人気を集めている。コーヒー家電でも、エスプレッソマシンや、コーヒーメーカー、[…]

最新情報をチェックしよう!