砂時計のようなコーヒーマシン。Delonghi デロンギ クレシドラ ドリップコーヒーメーカー ICM17270J

デロンギから、新しいコーヒーメーカーが発売された。

クレシドラドリップコーヒーメーカーICM17270J

不思議なデザインのコーヒーメーカー。
通常後ろや横にある水タンクが、真上にあるタイプ。

ハンドドリップの感じを再現するために、上に設置しているそう。

クレシドラは、イタリア語で砂時計の意味
コーヒーの抽出工程を砂時計と重ね、抽出時間も含めた”コーヒーモーメント”に新たな価値をもたらすというコンセプトになっている。

たしかに、上から下に水が流れてコーヒーが抽出される様子は、砂時計のように見える。

注目の機能は、「アイスコーヒーモード」が搭載されているということ。

どうやらアイスコーヒー用に、濃いめに抽出できるようになっているよう。
アイスコーヒーの作り方は、水出しではなく氷による急冷方式

サーバーに氷を入れておくと、ちょうど良い濃度のアイスコーヒーができあがるという仕組み。

サーバーには、アイスコーヒー用の氷の量のメモリの記載がある。

アイスコーヒーの推奨のレシピはカップ数に応じて3種類。

カップ数
(1カップ125ml)
コーヒー粉
8カップ625ml60g540g
6カップ450ml45g405g
4カップ375ml30g270g

ホットは、2カップの250mlからつくれるようですが、アイスコーヒーは4カップの500mlからしか淹れられないそう。

さすがに一回で飲める量ではないので、あらかじめ作って冷蔵庫で保管とかになりそうな予感。

いっぱい飲むまたは、家族で飲むような家庭にはいいかもしれない。

デロンギ クレシドラドリップコーヒーメーカーICM17270J

型式番号ICM17270J
外形寸法(mm)幅190×奥行285×高さ335
本体重量(kg)2.5
シルバー
電源コードの長さ(m)1.8
電圧/周波数AC100V/50-60Hz
消費電力(W)1200
抽出杯数2~10杯
給水タンク容量(L)1.25
ジャグ容量1.25

デロンギの高い抽出技術

 「ヨーロッパコーヒーブリューイングセンター(ECBC)」の認証を取得したという抽出テクノロジーを搭載。

抽出温度を92-96℃で管理し抽出時間の精密なコントロールにより、雑味やブレの無い安定した最適な味を引き出すことを可能に。

ありそうでなかった「アイスコーヒーモード」

ありそうでなかった独自の「アイスコーヒーモード」搭載。

蒸らしながら濃いめに抽出したコーヒーを氷で急冷することで、香り高くコクのある極上のアイスコーヒーを実現した。

自宅で急冷式のアイスコーヒーを手軽に楽しむことができる。

プアオーバーモード

ハンドドリップを再現するために、特別に設計された形状の「5つの給湯口」と
「研究し尽された抽出制御」を搭載。

ワンタッチでハンドドリップの工程を再現し、 香り高く深みのあるコーヒーを淹れることができる。

セットしてボタンを押すだけなので、操作はとても簡単。

砂時計フォルムの洗練されたデザイン

グッドデザイン賞やレッドドットデザイン賞を受賞。

日本とヨーロッパで著名なデザイン賞を受賞している。
シンプルで余分な装飾がなく、無駄のないフォルムが特徴的。

砂時計のように見えるデザインがインテリアとしても映えてくる。

あわせて読みたい

デロンギといえば、イタリアのおしゃれ家電メーカー。オイルストーブや電気ケトルをはじめとした調理器具が有名です。 コーヒーメーカーも数多くの種類を販売しており、日本でもそのおしゃれなデザインとシンプルな操作性が人気を集めています。外で[…]

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!