カフェでも通用する。FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220

FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220』は、業務用としてカフェでも通用するレベルの電動コーヒーミル。

小型ながら、ハイスペックなミルだ。
名前がなんか可愛らしいよね。

フォルムも名前にあわせてか丸っこい形状。

基本のカラーバリエーションは、レッドブラックイエローの3種類。

レッド
ブラック
イエロー

他にも販売店限定のカラーが何種類かあるそう。
とりあえず、グレークリームは見つけた。

スレートグレー
クリーム

みるっこ コーヒーミル R-220 スレートグレー』は、free design限定のカラー。
落ち着いた色合いで、かっこいい。

みるっこ コーヒーミル R-220 クリーム』は、堀口珈琲限定のカラー。
かわいらしい色合いで、インテリアに合いそう。

色が違っても、性能やスペックは同じ。
ただし、色によっては在庫や販売元が違うので、価格が違うことも。
よく比較して購入するようにしよう。

FUJI ROYAL フジローヤル

みるっこ コーヒーミル R-220

FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220』は、富士珈機が製造している電動コーヒーミル。

FUJI ROYALというのは、富士珈機のコーヒーミルラインナップのこと。
1955年から続く大阪の老舗企業で、コーヒーミルやコーヒーロースターといったコーヒー機械の製造を行っている。

国内シェア60%以上を誇るコーヒー業界では有名なメーカー。
だからこそ、品質は間違いない。

今回紹介している『FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220』も、品質はすごく高い。

家庭用コーヒーミルとして販売されているけど、スペックは業務用レベル。
実際に業務用として使用しているカフェやレストランも多い。

小型で場所を取らないのに、性能がいいからね。

みるっこ コーヒーミル R-220の性能

性能が良いと言い続けているけど、実際どこが良いのかと言うと。

コーヒー豆を挽くときの、音の大きさ早さ均一さがポイント。

実際に見た方が早いと思う。
こちらがみるっこでコーヒー豆を30g挽くときの動画。

わずか6秒。
粉砕能力が家庭用とは思えないレベルで早い。
数杯分なら、すぐに用意することができる。

また、音も小さい方で、他の家庭用コーヒーミルに比べると半分ほどの音量になっている。
それでも、大きいと思う人もいるかもしれないが、粉砕能力が高いので、音がする時間も数秒だろう。

この粉砕能力の高さの理由は、『FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220』は、臼型の刃を使っているから。

臼型のミルは、カッティング方式のミルと違い、砕くようにしてコーヒー豆を粉砕している。
そのため、均一になりやすいことが特徴だ。

粉の均一性というのは、おいしいコーヒーを淹れる時にとても大切な要素。
粉の大きさが均一でないと、コーヒーの抽出スピードにムラが出て、ムラのある味わいになってしまう。

せっかくコーヒーミルを買うなら、おいしく飲めるものを買いたいもの。
FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220』は、家庭でおいしいコーヒーを淹れるのに、最適。

細かいスペックは下の通り。

サイズ165(W)×245(D)×360(H)mm
重量5.0kg
電源AC100V
定格電力130W

カフェでも通用する。FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220

FUJI ROYAL フジローヤル みるっこ コーヒーミル R-220』について、紹介してきた。

家庭用とは思えないほど高スペックな電動コーヒーミル。
耐久性も高いので、自宅にあったら長く使うことができると思う。

おいしいコーヒーが自宅で飲みたいなら、ぜひミルの購入を検討して欲しい。
挽き立てかどうかで味は大きく変わるし、ミルの性能次第でも味は全然違う。

みるっこなら、静電気除去装置も標準装備されているので、粉が飛び散らなくて掃除も簡単だしね。

ぜひ一家に一台コーヒーミルがある時代がくればいいな。

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!