NO IMAGE

【HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチ】クレバーに似てる

NO IMAGE

ハンドドリップでコーヒーを淹れるのって、結構テクニックも必要で器具も多くて面倒ですよね?

浸漬式の淹れ方をすれば、誰でも簡単に淹れることができます。

してける抽出方で「しんししき」と読みます。

文字通り、コーヒーをお湯に浸して漬ける淹れ方です。

これまで、浸漬式のコーヒーの淹れ方といえば、クレバー一択でした。

クレバーってこんなのです。

関連記事>>>【Clever(クレバー)コーヒードリッパー】浸漬式といえば

お湯が流れないように底をせき止めてあるドリッパーに粉とお湯を入れ、一定時間経過したら抽出する方法です。

とても簡単な抽出方法です。

これまでは浸漬式でペーパーフィルターが使えるものとなると、クレバーしかなかったですが、HARIO(ハリオ)から、クレバーによく似た浸漬式ドリッパーが登場しました。

それが、HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチ。

HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチの外観

HARIO(ハリオ)から登場した浸漬式ドリッパーの名前は、『 スイッチ』。

名前の通り、下部にお湯を流すためのスイッチがついています。

外観は、いつものV60ドリッパーに、台座のような物がついた感じ。

台座の部分が、ポイントになります。

この台座で、お湯が流れないようせき止められ、横のスイッチを押せばコーヒーの抽出が完了です。

サイズは、HARIO(ハリオ)のV60ドリッパー02と同じ。

フィルターもV60ペーパーフィルター02を使うことができます。

具体的なサイズや容量はこのような感じです。

サイズ幅118 × 奥行115 × 高133(mm)
重さ約500g
容量出来上がり抽出量:200ml
材質耐熱ガラス、シリコーンゴム、ステンレス、PCT樹脂
製造国日本製

HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチの性能

HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチの使い方はシンプルです。

コーヒーの粉を入れて、お湯を注ぎ、かき混ぜて、待つ。

それで完成です。

下の動画で見ると分かりやすいですよ。

とても簡単です。

また、抽出部分は細かく分解できるようになっているので、洗浄するには向いています。

すべて食器洗い洗浄機対応です。

クレバーと違い、フタはついていません。
そのため、湯温が下がりがちです。

何かしらでふたをしたり、サーバーを温めておいたりするといいですね。

HARIO(ハリオ)浸漬式ドリッパー スイッチに似ているClever(クレバー)

何度か途中で登場したClever(クレバー)。

やはり浸漬式を語るならば、Clever(クレバー)の存在は外せません。

仕組みはほとんどHARIO(ハリオ)のスイッチと同じですが、違うポイントがいくつかあります。

・サイズが2種類
・円すい形ではなく台形
・フタがついている

大きく上の3つですね。

HARIO(ハリオ)のスイッチの場合、200mlのワンサイズのみでしたが、Clever(クレバー)には、1~2杯用と3~4杯用の2サイズがあります。

また、台形のドリッパーのため、使うフィルターも台形のもの。
Kalita(カリタ)やMelitta(メリタ)のフィルターを使用することができます。

そして、フタがついているので、湯温が下がりにくいです。

上のポイントを参考に、比較すると良いと思います。
どちらでも簡単にコーヒーを淹れられますよ。

HARIO(ハリオ)のスイッチ以外でも、コーヒーを淹れる方法はさまざまです。

せっかくなら、こだわりたいですよね。

自分にあったコーヒー器具を見つけると、よりコーヒータイムが楽しくなりますよ。

関連記事>>>コーヒーグッズを探す。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!