重さと時間も測れる優れもの。HARIO ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B

HARIO ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』は、

お菓子作りってしたことありますか?

お菓子作りをするときに大切なことは、きっちりレシピ通り分量を測って調味料を準備すること。

砂糖やベーキングパウダーも、グラム単位で計測して用意しないと味が大きく変わってしまいます。

オーブンももちろん予熱をしっかりして、時間通り焼く。

お菓子作りは、レシピに沿って、分量、時間を正確に計ることが大切ですよね。

コーヒーを淹れる時も実は一緒です。

豆の分量が数グラム変わったり、抽出時間が少しずれただけで味が変わってきます。
正確に豆の分量や抽出時間を測ることがとても大切なんですね。

HARIO (ハリオ) V60ドリップスケールなら、コーヒー豆の分量だけでなく抽出時間も計ることができます。

HARIO (ハリオ) V60ドリップ スケールの外観

HARIO(ハリオ)のV60シリーズには、2種類のドリップスケールがあります。

ブラックでマットな質感のスケールと、計量板がメタル仕様のシルバー。

性能自体は、ほとんど同じですが、ブラックは電池式でシルバーは充電式です。

また、天板もブラックは取り外しができませんが、シルバーは取り外せるようになっています。

シルバーは取り外しができる分、掃除がしやすいですね。

ブラックに比べて、お高いですが。

サイズや仕様の違いは下のようになります。

ブラック VST-2000Bシルバー VSTM-2000HSV
サイズ幅120×奥行190×高29mm幅120×奥行175×高さ31mm
重さ265g500g
バッテリー電池式充電バッテリー式

HARIO (ハリオ) V60ドリップ スケール の性能

HARIO (ハリオ) V60ドリップ スケールの性能のポイントは2つ。

・分量と時間両方が測定可能
・V60シリーズに対応した器具がたくさん

そもそもの大前提として、HARIO (ハリオ) V60ドリップ スケールは、コーヒーのドリップに特化しているということ。

コーヒーをドリップするときに便利な作りになっています。

まず、スケールでありながら分量と時間を同時に測ることができます。

そのため、豆の分量はもちろんのこと、抽出する際のコーヒーの量も時間を測りながら抽出することができます。

下の動画のような使い方ですね。

時間を測りながらコーヒーを淹れることができるので、蒸らしの時間も測定可能。
抽出量もわざわざサーバーの目盛りを見なくても、判別可能です。

V60ドリップスケールの基本性能

計測範囲は2g~2000g
計測時間は99分59秒

コーヒーの抽出には十分な分量と時間です。

ただ基本10g以上であるコーヒーには向いていますが、茶葉のように数グラムの軽量なものには向きませんので注意してくださいね。

HARIO (ハリオ) V60ドリップ スケールの関連商品

HARIO (ハリオ) V60ドリップ スケールは、同じV60シリーズの器具と併用して使用することができます。

特にドリップスタンドは相性が良いですね。

下の写真のように、ぴったりと組み合わせて使用することができます。

ドリップスタンドがちょうど天板に乗るようになっているので、液晶部分は見えるようになっています。

セットで使えると気持ち良いですね。

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!