コスパが良い。HARIO ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV

HARIO ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV』は、すごくコスパが良いドリップポット。

すごく安価なのに、性能が良いというコスパが魅力。
手が届きやすいため、はじめてのドリップポットには、おすすめ。

カラーバリエーションは、シルバーブラックの2種類。

シルバー
ブラック

ブラックはマットな質感になっていて、なかなか格好いい。
価格はブラックの方が高め。

サイズのバリエーションは、500ml600ml800mlの3種類。
オーソドックスなのは、800mlかな。

500ml
600ml
800ml

容量によって外観が違うが、性能には変わりない。
ブラックがあるのは、800mlのみ。

どのサイズ、カラーでもステンレス製。
わざとウェーブ状の段差をつけることで、サビにくい形状になっている。

HARIO ハリオ

V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSVのスペック

HARIO ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV』は、コスパが良いドリップポットなわけだけど、性能もなかなか良い。

一番の特徴は、注ぎ口が根元から先端まで細くなっていること。

細い注ぎ口のため、お湯の量を一定に調節することができ、ハンドドリップ初心者でも簡単においしいコーヒーを淹れることができる。

ハンドドリップ初心者のときに、難しいことって『お湯の量の調節』なんだよね。
慣れていないとどうしてもお湯をかけすぎてしまう。

HARIO ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV』は、注ぎ口を細口にすることで、お湯が細く少なく出るようになっているため、初心者でも安心。

また、持ち手も持ちやすい形状になっている。
上部だけ固定し、底部から離れた形状になっているため、ガス火で加熱しても熱くならない。

全体的に軽量で、人差し指がかけやすい形なので、女性でも簡単に取り回しが可能だ。

加熱方法は、ガス火、IHともに対応。
どの熱源でも加熱することができる。

とはいえ、できれば電気ケトルとかで沸かしてから、お湯を移して使うことの方がおすすめかな。

やっぱり電気ケトルで沸かした方が早くて、安全で、温度調整がしやすい。

電気ケトルで沸騰させたお湯を、『HARIO ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV』に移すとお湯の温度が下がって、ちょうど良い具合になる。

沸騰した直後の100℃のお湯より、90℃前後まで下がったお湯を使うのが、おいしいコーヒーを淹れる時のコツかな。

もし面倒なようなら、最初から温度調節機能付きのコーヒーポットを検討するのもアリ。
温度調節機能付きは、すごく便利だから。

あわせて読みたい

ドリップポッドと湯沸かし機能が一緒になっている電気ケトルを最近よく見かける気がする。お湯を沸かして、そのままコーヒーを淹れることができるドリップポット型電気ケトルは、手間が少なくてとても便利。 温度調整をすることができる機種もあるの[…]

細かいスペックは下の通り。

500ml600ml800ml
品番VKB-70HSVVKB-100HSVVKB-120HSV/
VKB-120MB
カラーシルバーシルバーシルバー/ブラック
サイズ幅25.5×奥行11.5×高さ14cm幅29.5×奥行14.4×高さ13cm
口径/7.7cm
幅27.4×奥行14.4×高さ14.7cm
口径/7.7cm
重量400g記述なし420g
材質本体・フタ/ステンレス
フタツマミ・取っ手/フェノール樹脂
本体・フタ/ステンレス
フタツマミ・取っ手/フェノール樹脂
本体・フタ/ステンレス
フタツマミ・取っ手/フェノール樹脂
生産国中国製日本製日本製
容量実用容量500ml600ml(満水容量:1.0L)実用容量:800ml
(満水容量:1200ml)

コスパが良い。HARIO ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSVまとめ

HARIO ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV』について、紹介してきた。

低価格なのに使いやすいドリップポットなので、ハンドドリップ初心者にはとてもおすすめ。
誰でも使いやすいドリップポットだから、業務用として数を揃えるのもいいかもしれない。

とはいえ、HARIO以外にもドリップポットの種類はたくさんあるので、自分にあったドリップポットを探すのがいいかも。
お気に入りのドリップポットが見つかると、よりコーヒータイムが楽しくなる。

あわせて読みたい

自宅でハンドドリップでコーヒーを淹れたくなった時、悩むのがドリップポットの種類。 先端が細いものというイメージはあっても、種類が多いのでどれを使えば良いのかわからないという人も多いと思う。 同じコーヒーポットという名前だけど、[…]

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!