hario

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000Bのメリットとデメリット、口コミを解説

hario

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』は、重さと時間の両方を測ることができるコーヒードリップ専用のスケール

スケールとは、重さを測る器具のことをいうけど、このスケールは時間も測ることができます。

hario

コーヒーをおいしく淹れるためには、正確な時間と重さの計測はとても重要です。

時間と重さがちょっと違ってしまっただけで、コーヒーは味が変わってしまいますから。

今回は、そんな重さと時間の両方が測れる『ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』の特徴や、使用する上でのメリットとデメリット、口コミについて紹介していきます。

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000Bの特徴

まずは『ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』の特徴について確認していきます。

マットな質感が魅力のブラック

hario

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』は、全面マットブラック。

コーヒーを淹れる時には、コーヒーがこぼれたりと粉がついたりと汚れやすいですが、汚れが目立たないようになっています。

指紋もつきにくいので、使い勝手は快適です。

薄くコンパクトな設計

hario

ボタン電池式なので、薄くコンパクト。

キッチンなどでスペースをとらないように、この設計になっています。

とても収納がしやすいですね。

サイズは、以下の通りです。

サイズ幅120×奥行190×高29mm
重量265g

分量と時間両方の計測が可能

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』は、分量と時間を両方計測することができます。

使い方は簡単で、コーヒーサーバーを載せ、お湯を注ぐと同時にタイマーをスタートすることで、お湯を注いだ量と時間を確認しながら淹れることができます。

あらかじめお湯を注ぐ量と時間を決めておけば、あとは画面を確認しながらお湯を注ぐだけ。

あらかじめレシピを作っておけば、安定してコーヒーを淹れることができます。

計測範囲と計測時間

hario

HARIO ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』の重量の計測範囲は、2g~2,000g。

最小表示は重量によって違っていて、200g以下の場合は0.1g単位、200gから500g以下の範囲では0.5g単位、500gから2,000gの範囲では1.0g単位で表示されます。

重量が細かければ細かいほど、計測も細かく表示できるということ。

コーヒーの場合は、数グラムから数十グラムが大半なので大丈夫ですが、茶葉のような数グラム単位のものを計測する時は、誤差がでやすくなりますね。

時間の計測範囲は99分59秒まで。

約1時間40分ほどが計測可能です。

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000Bのメンテナンス方法

掃除するには

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』のメンテナンスは、基本的には水で絞った布などで拭き取れば大丈夫です。

防水対応しているわけではないので、水洗いはできません。

汚れが強い時は、中性洗剤をふきんなどにつけて拭き取るようにしましょう。

手入れをするときは、シンナー、ベンジン、ガソリン、灯油、アルコールなどは使わないようにしてください。

もし使ってしまうと変色、変形の恐れがあります。

電池が切れてしまったら

電源は乾電池式です。

電池がなくなてしまうと表示部に『Lo』と表示されるので、早めに電池を交換しよう。

もともと電池は付属しているものの、確認用のため、あんまり電源は持たない可能性があります。

交換は、DC3V 単4型乾電池×2個。

新しいものに交換した場合、1日3回、1回2分、室温20℃で使った場合で、約12ヶ月使用することができます。

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000Bのメリットとデメリット

2つのメリット

・コーヒーに特化した仕様
・ハンドドリップに対する意識が変わる

メリットは上記の2つです。

コーヒーに特化した仕様

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』は、コーヒーのために設計されたコーヒースケール。

時間と分量の両方を計測できるので、豆の分量はもちろんのこと、コーヒーを淹れながら時間と抽出量を確認することができます。

ハンドドリップに対する意識が変わる

これまでスケールを使わずに、コーヒーを淹れていた人は、使ってみるとその便利さに驚くと思います。

豆の分量は、メジャースプーンで計測するより正確。

抽出量も目分で淹れるのに比べると、正確に計ることができるので、味が安定するようになります。

とても便利なので、一度使うと手放せなくなります。

2つのデメリット

・防水には対応していない
・計測に微妙にラグがある

メリットに対してデメリットは上記の2つです。

防水には対応していない

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』は、防水には対応していません。

そのため、コーヒーやお湯を思いっきり溢してしまったり、エスプレッソマシンで使ったりすると故障の危険があります。

水にはとても弱いので、注意して使いましょう。

計測に微妙にラグがある

分量と時間の両方を同時に計測することができるので、抽出しながら使うことができます。

しかし、一瞬のラグが計測時にあるので、コーヒーを淹れながらだと少しずつズレます。

そのため、予測しながらコーヒーを淹れることになりますね。

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000Bの評判・口コミ

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』の評判や口コミも確認しておきましょう。

ツイッターの口コミ

インスタグラムの口コミ

View this post on Instagram

@toro_tachibana_coffee こんばんは🍙 はなまる派か丸亀派かと聞かれれば、丸亀派です橘花です👊 . . . . さーてさて、今回はスケール⚖です💡 . . もちろんお豆を測るためのものでもありますが、目的は淹れる際に時間とお湯の量を同時に測るためにこの#ハリオスケール にしました🙌 . . . 調べてみるとわかるのですが、ハンドドリップする際にはレシピがあり、そのレシピはお豆の量やお湯の量だけでなく、注ぐタイミングも書いてあるものもあります💡 . . そこまでレシピ通りにやることで、お豆の状態が日に日に変わっていく味わいを楽しめたり、もしくは美味しくなければどう改善していかるかがわかるようになります💡 . たしかに何も測らないでやると次は何をすればお店の味に近づけるのかがわかりませんよね?😱 . . 今のところ注ぐ難しさを痛感していますがレシピ通りにやることは理にかなっていますし、楽しいです😊 . もちろん、ストレスなく思うがままにやりたい人もいるとは思いますが、いろんなレシピを試して味の変化を楽しめたらより一層コーヒーを楽しむ幅が広くなると思います👍 . . 技術が安定してないのでまだまだですが、いろんなレシピを試せると良いなーと思う今日この頃です🤓 . . さっそくおすすめレシピをコメントしてくれた方もいて嬉しい限りです♪ みなさんはどのようなレシピでお家でコーヒーを淹れてますかー?それとも気にしない派ですかー??ぜひ教えてください☺️☕️ . . . . −−−−−−−−−−−−−−−−− . . . #コーヒー #コーヒー好きな人と繋がりたい #お家コーヒー #喫茶店好きな人と繋がりたい #お家カフェ #コーヒーのある暮らし #こーひー#コーヒータイム #コーヒースケール#ハリオ#harioscale #hario#コーヒー好き #コーヒー大好き #コーヒー好きと繋がりたい #珈琲#珈琲部 #珈琲日記#珈琲時間 #珈琲好き #珈琲好きな人と繋がりたい #コーヒーレシピ

A post shared by Toro Tachibana_1日1珈琲☕️ (@toro_tachibana_coffee) on

View this post on Instagram

昨日届いたハリオのコーヒースケールです🙋 これまでは、無名のスケールを使用していましたが、追従性がいまひとつ良くなく、オーバーするので、ゆっくり入れたり調整が必用でしたが、そのストレスはこのスケールで見事に解消されました😁 色もこれまでは白とステンレスの明るめのカラーでしたが、ハリオはマットブラックで落ち着きます😃 量れれば良いと言うものではなく、今後の営業も兼ねるので、それなりの物が必用になります✨ 家庭で使用するのなら十分でも、レスポンスが悪いとストレスにもなりますが、作業時間が長くなるので時間がもったいないのです😢 このコーヒースケールは、右が計量で左は時間経過ですので、態々時計に目を向ける必要性がなく、蒸らしまでがスムーズに行えます🙆 最近はブレンドを更に細かく調整してテイストしているので、スケール一つでも大きく精度が変わりますので、このハリオのスケールを購入して良かったと思います😄 また雰囲気ひとつでモチベーションも上がり、ドリップが楽しみになります🙋 #tshouse #kobe #corgi #cafe #coffee #dog #cat #japan #神戸 #北野 #異人館 #看板犬 #コーギー #ドッグフード #キャットフード #ドッグカフェ #コーヒー #珈琲 #カフェ #ドリップ #ドリッパー #コーヒースケール #ブレンド #スーパーアイテム #ワークアウト #フィットネス #トレーニング #新農法 #無農薬 #残留農薬

A post shared by T's house kobe (@tshousekobe) on

ユーチューブのレビュー動画

HARIO Official Channelの公式動画

HARIO Official Channelさんの公式動画。

公式なだけあって、とても丁寧に計測、計量している様子を紹介しています。

登場するコーヒー器具は、すべてハリオのコーヒー器具。

HARIOTASSOさんのレビュー動画

HIROTASSOさんのレビュー動画です。

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』を使っている様子だけでなく、コーヒーの淹れ方のレシピまで公開中。

参考になりますよ。

購入ページの高評価の口コミ

口コミ

コーヒーに特化していて淹れるのが楽しい
コーヒーに特化しているスケールです。重さと時間が同時に測れるので、ハンドドリップでコーヒーを淹れる時にとても便利です。タッチセンサーがやや使いにくいと感じますが、慣れの問題でしょう。いままでは、なんとなくで淹れていましたが、数字で見えると全然違いますね。おかげさまで、安定してハンドドリップができるようになりました。いまでは。これがないとコーヒーを淹れられないです。ハリオという有名なブランドの品っていうのが、信頼でき安心できます。


防水じゃないので注意が必要
4年ほど使っています。特に問題なく使用できていて、とても便利な秤です。あえて欠点をあげるなら、防水ではないこと。コーヒーを淹れている時に、うっかりこぼして浸水してしまうと、液晶が表示されなくなることがあります。だから、お湯を注ぎすぎないように、横に受け皿を持って、注ぎ終わったらすぐに移してこぼれないようにしています。これまでに2回、かなり多くのお湯をこぼしてしまいました。液晶は写らなくなってしまいましたが、1日ほど置いてよく乾かしたら復活しました。電池を抜いて、しっかり乾かせば、翌日には液晶が表示されるようになり安心しました。

購入ページの低評価の口コミ

口コミ

コーヒー以外の計量には向きません
使い勝手はいいですが、それはあくまでコーヒーに限った話です。茶葉のような2g、3gのような細かいものへの感度はとても低いです。逆に、料理で使うような重めのものについても計りづらいです。コーヒーのような数十グラムぐらいのものに向いているスケールだと思います。

タッチに関する感度も微妙な感じです。あくまでそこそこなスケールです。


正確性に欠ける
コーヒーを淹れるために、重さと時間の両方が計測できるということで購入しましたが、期待外れでした。といのも、肝心の重さの正確性が微妙だから。ゆっくりコーヒーを淹れていっても、数値が飛び飛びで移動していくので、最後にかなりズレてしまいます。まだ調理用のタニタのキッチンスケールの方が使いやすかった気がします。

結局ズレを予測しながら淹れてしまっています。だから、サーバーのメモリを見ながら淹れていた時と大差ないです。なんかあまり存在意義を感じませんでした。かといってキッチン用のスケールとして使おうかと思っても、今度は小さすぎて役に立ちません。結局何用で使うべきスケールなのか、全くわかりません。

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000Bを購入するには?

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』は、Amazon.co.jp、楽天市場、Yahooショッピング、wowma、Qoo10のようなショッピングモールで購入することができます。

ハリオの公式サイトでも購入可能ですが、公式サイトは6,600円の定価で結構高いです。

そのため、購入するならアマゾンがおすすめ

アマゾンなら安価に早く手に入れることができます。

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000Bのスペック

hario

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』の細かいスペックは以下の通りです。

ブランドHARIO(ハリオ)
品番VST-2000B
カラーブラック
サイズ幅 120 mm × 奥行 190 mm × 高 29 mm
材質本体/ABS樹脂
計測範囲2g~2,000g
最小表示0.2~200g以下:0.1g
200g超え~500以下:0.5g
500g超え~2,000g以下:1.0g
表示方法液晶デジタル4桁
カウントアップ最大計測時間99分59秒
常温時精度(20℃)±0.0026%
安定所要時間約3秒
電源DC3V 単4型乾電池×2個
(動作確認用電池付き)
消費電力(使用時)約8mA
オートパワーオフ約5分
カウントアップ中はタイマーのみ99分59秒
原産国中国製

まとめ

ハリオ V60ドリップ スケール VST-2000B』について紹介してきました。

重さと時間の両方を計測できるのは、ドリップコーヒーを淹れる時には嬉しい機能。

ドリップコーヒーでなくとも、使うこともできるので、デジタルスケールは1台持っていると便利です。

hario
最新情報をチェックしよう!