【夏場に美味しい】アイスコーヒーの特徴と淹れ方

夏に飲みなると、アイスコーヒーを飲みたくなりますよね。
キリッとした苦みの冷たいコーヒーは、ついつい夏場に飲み過ぎてしまいます。

冷たいコーヒーのことをアイスコーヒーと呼びます。
英語だと「Cold Coffee」

ホット用のコーヒーを冷ませば、アイスコーヒーになると思っている人も多いですが、実は違います。

アイスコーヒーは、その特徴から、アイスコーヒー専用の豆を使い淹れます
ホット用のコーヒー豆でも淹れられますが、軽い風味のコーヒーになりがちです。

美味しく淹れるなら、専用のコーヒー豆でちゃんとした淹れ方をすることが大切です。

今回は、アイスコーヒーの特徴について紹介していきます。

アイスコーヒーの歴史

そもそもコーヒーは、お湯で淹れるホットコーヒーで普及しました。

アイスコーヒーが普及したのは、意外と近年。
1900年代初めごろです。

アメリカで夏場のコーヒーの消費量を落とさないために、大々的に宣伝されたことがきっかけです。

映画「ローマの休日」で新聞記者が「Cold Coffee」とオーダーするシーンが普及を物語っていますね。

ちなみに、日本では明治時代から飲まれるようになり、大正に入り普及し大衆で飲まれるようになりました。

当時は「冷やしコーヒー」と呼ばれていて、現在でも関西を中心に「レイコー」という呼び名が残っています。

アイスコーヒーの特徴

アイスコーヒーの最大の特徴は「冷たい」ということ。

湯温が低いということが特徴です。

そのため、気をつけなければいけないことがあります。

それは、

味覚の温度特性

味覚の温度特性とは、温度によって感じる味の強弱が変わるということです。

たとえ、同じ成分が入っていたとしても、温度が変わると感じる風味が変わってくるんですよね。

例えば、甘みや苦みは、冷たいと感じにくくなります。
逆に、酸味は冷やすと感じやすくなるんですよね。

以前、コーヒーセミナーをした時に、セミナー参加者に温度別で試飲をしてもらったことがあります。

そのときも、同じ結果になりました。
冷ますことで、甘みや苦みは感じにくくなりましたが、コーヒー本来の酸味は感じやすくなります。

とはいえ、ただ放置して冷やすのでは酸化して雑味がでてしまうので、注意が必要ですよ。
冷やすときは、氷などで急冷するようにしましょう。

アイスコーヒー用の豆の特徴

アイスコーヒーは、温度の低さから、ホットコーヒーとは違う味の感じ方になります。

そのため、作り方やレシピもホットコーヒーとは異なります

具体的には、感じやすい酸味を減らして、苦みを強くでるようなレシピにするといいです。

例えば、下のようにするといいですよ。

・ホットコーヒーよりも深く煎った豆を使う
・挽く時の粒度(粒の大きさ)を細かくする
・ブレンドにカネフォラ種(ロブスタ)を多めに混ぜる

上のようなことをすることで、酸味が抑えられ苦みを感じやすくなります。

アイスコーヒー専用で売っている豆は、基本的に上のような対策が取られていることが一般的です。

なんでアイスコーヒー専用なんだろうと思っていた人もいるかもしれませんが、人間の温度特性を利用したメーカーの工夫なんですよね。

アイスコーヒーの淹れ方

アイスコーヒーを作る方法は、急冷式か、水出しが一般的な抽出方法です。

・急冷式:お湯で抽出し氷で急激に冷やす
・水出し:水でゆっくり抽出する

急冷式でのアイスコーヒーの淹れ方

急冷式とは、お湯で抽出したコーヒーを氷で急激に冷やすこと
氷だけでも、キンキンに冷えたアイスコーヒーをつくることができます。

氷が溶けるので、通常よりも濃いコーヒーを淹れて、氷が溶けた分で薄めてちょうどよくすることが作るコツです。

業務用のアイスコーヒークーラーの場合は、氷ほど急激に冷やすことはできませんが、急激に冷やすことで近い効果を出しています。

水出しでのアイスコーヒーの淹れ方

水出しコーヒーとは、最初からお湯ではなく水でコーヒーを抽出する方法です。
冷やす手間はありませんが、湯温が低いことから成分の抽出に時間がかかります。

量によっては、数時間〜数十時間かかることが特徴です。

関連記事があるので、紹介しておきます。

いずれにせよ、アイスコーヒーは、温度が低い分、風味が長持ちすることがメリット。

冷蔵庫に入れておけば、数時間ほど美味しさを維持することができます。
夏場には多めに作って冷蔵庫に入れて置きたいものですね。

最新情報をチェックしよう!