まさに和のコーヒー。一心窯の 焼締珈琲急須が斬新すぎる

コーヒーの常識が覆るようなポットを見つけた。
一心窯の 『焼締珈琲急須』。

ん?と思われるかもしれないけど、文字通り、ポットではなく急須のこと。
どうやらこの焼締珈琲急須、コーヒー用に開発された急須とのこと。

見た目はどう見てもふつうの急須。
私では、陶器の良さまでは判別つかないけど、美味しいお茶が入れられそうなイメージは浮かぶ。

てっきり、ドリッパーが別にあって、ドリップポットの役割を果たすのだと思っていた。
しかし、実は違っていて、この急須一つでコーヒーを淹れることができる。

どうやって淹れるのかというと
茶葉と同じようにコーヒーの粉を入れて、抽出する。

まるっきり、お茶と同じ方法。
粉を入れて、少量のお湯を淹れ1分ほど蒸らす。
そして、カップ分のお湯を注ぐことでコーヒーが抽出されるという。

なるほど。
フレンチプレスと同じ浸漬式でのコーヒーの抽出ということ。

浸漬式とは、お湯にコーヒーの粉をしてけることで抽出する方のことをいう。
この焼締珈琲急須も同じ原理で、コーヒーが抽出されている。

中のメッシュがステンレスフィルターの役割をしているので、しっかりとしたコーヒーが淹れられるようになっているわけだ。

焼締珈琲急須は金属フィルターを使っているようなものなので、コーヒーの油分も一緒に抽出される。
そのため、できあがったコーヒーは独特の舌触りのコーヒーが楽しめる。

急須のらしさが出てる気がして、個人的にはすごく惹かれる。

一心窯

焼締珈琲急須のスペック

焼締珈琲急須は、コーヒー用に開発された急須。
和な感じが、古民家カフェとかと相性が良さそう。

抽出方式は、お茶を入れる時と同じように、コーヒーの粉をいれて急須内でコーヒーを完成される方式。

中のフィルターが120メッシュとう細かさになっているので、金属フィルター同様の効果をだしている。

総称すると、フレンチプレスの和風版といった感じ。
雰囲気が変わるだけでも、コーヒーの楽しみ方が大きく変わりそう。

ちなみに日本茶にも、もちろん使える。

細かいスペックは下の通り。

サイズ幅19×奥行き12×高さ9.5cm
重さ313g
容量450cc
素材陶器、ステンレス
生産国日本製
シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!