カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078とは?特徴・性能・口コミを紹介

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』とは、Amazon.co.jp限定で販売されているカリタ手挽きコーヒーミル

とてもオーソドックスな手挽きコーヒーミル。

カリタは横浜の老舗コーヒー器具メーカーで、日本のコーヒー文化を牽引してきた会社。

今回は、そんな『カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』の特徴・性能・口コミについて。

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078の特徴

まずは『カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』の特徴について確認していこう。

木製の味のあるデザイン

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』は、ラバーウッドの木製の本体に、アルミの歯が使われている。

木製の温かみがあり、味のあるデザインが人気。

コンパクトなので、スペースを取らず、手軽に扱うことができる。

5色のカラーバリエーション

ブラウン
KH-3BR
ナチュラル
KH-3N
KH-3
スモーキーブルー
KH-3C
アーミーグリーン
KH-3C

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』には、5つのカラーバリエーションがある。

まず木製のものが、落ち着きのあるブラウンKH-3BR、明るいデザインのナチュラルKH-3NノーマルのKH-3の3種類。

ポップなカラーリングなものが、スモーキーブルーアーミーグリーンの2種類。

好みのものを選べるのが魅力。

コーヒー豆を入れやすいオープン式

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』は、豆を受けるホッパー部分がオープン式。

口径が広くなっているため、コーヒー豆を入れやすい。

一回で、35gの豆を入れることができる。

杯数で言うと、1~3杯分というところ。

大容量な粉受け

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』の粉受けは、55gと大容量。

手挽きコーヒーミルの大部分が20g台のなか、この価格で55gも収量できるのは珍しい。

ねじ込み式で開けることができるので、開閉も簡単。

そのままドリッパーに移せば、粉が飛び散る心配もない。

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078の性能・使い方

次に『カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』の性能について確認していこう。

サビにくいアルミ製の刃

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』の刃は、アルミ製。

丈夫でサビにくいので、手挽きながら普通に挽くことができる。

1杯用分挽くのに、おおよそ1分程度というところ。

ストレスなく、サクサク挽けるというほどではないけど、硬く刃こぼれしにくいため、長く使えるのがありがたい。

メッシュが調整できる

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』は、ネジをはめる位置によって、粒度の調整が可能。

メッシュを調整することで、粗挽きから細挽きまで挽き分けることができる。

メッシュの調整方法は簡単で、図のA、B、Cをはずして、Dをまわすことで調整する。

Dを右へまわすと細挽きに、左へまわすと粗挽きになる。

空挽きは歯を痛めるので、必ずコーヒー豆を入れて挽くようにしよう。

またハンドルを逆回転させると、内ウス歯が外れる場合もあるので注意。

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078の評判・口コミ・レビュー

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』の評判や口コミについても確認しておこう。

ツイッターの口コミ

高評価の口コミ

口コミ

2~4杯分コーヒーを淹れるのにちょうど良い
毎朝ゴリゴリと回しています。自分と家族の分とで2~4杯を毎朝淹れていますが、とてもちょうど良くて重宝しています。手挽きのミルだと大半が1,2杯分なんですよね。このミルなら、4杯分ぐらいまでなら余裕なので、ありがたいですね。

粗さも変更できるので、たまに気分を変えたい時は、粗さを変えて使っています。ただ、毎回変えるのは面倒ですよね。私はそんなに挽きめにこだわりはありませんが、毎回調節したいと言う人には不向きかもしれません。


挽いているときの香りが良い
手挽きに憧れて購入しました。木の温かいデザインが良いですよね。レトロな感じがインテリアとしても良い感じです。実際に使ってみると、口のところがあいているせいか、すごくコーヒーの良い香りが部屋中に広がります。挽き具合もちょうどよく、比較的均一に挽けています。手挽きで挽いたコーヒーを朝から飲むと、落ち着いた気分になれますね。

ゴリゴリと挽く感触と、音、香りが心地良いです。コーヒーを五感で楽しめるようになりました。これでこの値段はコスパがすごく良いですね。良い買い物をしました。

低評価の口コミ

口コミ

水に漬けるな危険!
木製なので、水洗いする人はいないとは思いますが、想定以上に水に弱いです。購入当初に、木の匂いがなかなか取れなかったので、軽く水洗いして布で拭き取りました。すると、塗装がペリペリっと全部取れてしまうことに‥。こんなに脆いとは思いもしませんでした。

自分が悪いとはいえ、さすがに水に弱すぎじゃないですか。調理器具なのだから、もう少し耐水性があってもいいかと思います。もうカリタの製品は使わないと思います。


全然挽けない
手挽きに憧れて、お手頃価格だったので、購入しました。これで憧れのガリガリができるなあと思って、使ってみました。が、全然挽けない。なにこれ。20g程度挽くのに数分かかりました。

優雅に挽いてコーヒーを淹れたかったのに、汗だくです。木が軽すぎるせいか、左手にすごく力をいれなくちゃいけないし、なかなか削れないから、すごく回さないといけないしで、疲れました。毎回こんな苦労するのは面倒すぎます。最初から電動式のものを購入すればよかったと後悔しています。

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078を購入するには

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』は、amazon限定の商品なので、amazon.co.jpで購入することができる。

ただ他のネットモールでも販売していることもあるので、探してみたら見つかるかもしれない。

カリタは公式オンラインサイトなどはないので、購入するなら、amazonなどのネットモールがおすすめ。

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078のスペック

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』の細かいスペックは以下の通り。

メーカーKalita(カリタ)
商品名コーヒーミル KH-3
カラーブラウン:BR
ナチュラル:N
ノーマル
スモーキーブルー:3C SB
アーミーグリーン:3C AG
品番ブラウン:42078
ナチュラル:42130
ノーマル:42077
スモーキーブルー:42125
アーミーグリーン:42128
サイズ95×95×188(mm)
重量610g
粉受けねじ込み式
豆容器容量35g
粉受け容量55g
生産国台湾製

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078とは?特徴・性能・口コミを紹介まとめ

カリタ コーヒーミル KH-3 BR #42078』について、紹介してきた。

シンプルで使いやすいコーヒーミル。

とりあえず手挽きに挑戦してみたいと言う人には、価格もお手頃でおすすめ。

手挽きで挽くのは結構大変だけど、その大変さが心地良かったりする。

手挽きと電動を使い分けてコーヒーを楽しみたい。

最新情報をチェックしよう!