kogu

珈琲考具からおしゃれなペーパーフィルターケースが登場

kogu

珈琲考具 フィルターケース』から、コーヒーフィルターを保管し持ち運ぶことができるケースが販売されました。

自宅で保管するだけでなく、アウトドアにもおしゃれに持ち運ぶことができるケースです。

kogu

コーヒーフィルターって、持ち運びに困るんですよね。

結局持っていくのが面倒で、ペーパーフィルターが必要ないフレンチプレスにしたりと。

持ち運び用のケースが一つあるだけで、コーヒーの選択肢が広がります。

珈琲考具 フィルターケースの特徴

合成皮革のおしゃれなデザイン

kogu

珈琲考具 フィルターケース』の最大の特徴は、皮のおしゃれなデザイン。

本革ではないものの、味のあるデザインは持っているとおしゃれです。

さっとペーパーフィルターを取り出して使うことができるので、とてもスマート。

円錐型と台形どちらでも使える

kogu

珈琲考具 フィルターケース』は、円錐形のフィルター用の形状に見えますが、実際には扇型(台形)のフィルターと円錐形のフィルターの両方を保管することができます。

カリタのウェーブ型は保管できないので気をつけてくださいね。

容量は1~2人用で20枚ほど

容量はおおよそ1~2人用のタイプで20枚ほど。

3~4人用のサイズだと、10枚ほどが入る容量です。

アウトドアに持っていくには、ちょうど良いサイズ感ですね。

厚さは0.8cmなので、フィルターをいれてもかさ張ることはありません。

珈琲考具 フィルターケースの2つのメリット

持ち運びにちょうど良いサイズ感

珈琲考具 フィルターケース』のサイズは、幅22×高さ15.5cm、厚さ0.8cm
、重量(約)/24gと最低限のサイズと重量。

軽量なので、持ち運ぶときにかさ張ることなく収納できます。

フィルターも1~2人用なら、20枚入るのでアウトドアで使う分には、十分な容量ですね。

フック付きなのでひっかけることも可能

kogu

フックがついているので、カバンなどにひっかけて持ち運ぶこともできます。

逆にストラップをつけることもできるので、よりおしゃれにすることもできますね。

珈琲考具 フィルターケースの2つのデメリット

メリットに対して、『珈琲考具 フィルターケース』のデメリットは以下の2つ。

密閉されているわけではない

珈琲考具 フィルターケース』は、見ての通り密閉されているわけではありません。

持ち運び時の汚れや形崩れは防げますが、湿気には弱いです。

ペーパーフィルターは紙だけに湿気に弱いもの。

このフィルターケースだと、湿気は防げないので普段の不向きには向いていません。

長期間保管する場合は、密閉容器の方がおすすめです。

シリカゲルのような乾燥剤を一緒に入れておくと、なお良いでしょう。

自宅で使うには容量が少ない

珈琲考具 フィルターケース』は、1~2人用で20枚程度の容量。

20枚というと、持ち運びにはちょうど良くても、フィルターは100枚で売っている場合が多いので、普段使いには心許ないサイズです。

やはり普段使いには別のフィルターケースが必要になってしまいます。

珈琲考具 フィルターケースを購入するなら

珈琲考具 フィルターケース』を購入するなら、メーカー公式オンラインストアがおすすめ。

公式オンラインストアの『elulushop(エルルショップ)』なら、珈琲考具のコーギー器具が勢揃いしています。

楽天市場上にあるオンラインストアなので、楽天市場と同じように購入ができます。

もちろん楽天ポイントも使用可能。

逆に、アマゾンなどでは、あまり見かけませんね。

珈琲考具 フィルターケースのスペック

kogu

珈琲考具 フィルターケース』の細かいスペックは以下の通り。

ブランド珈琲考具 / KOGU / コウグ
商品名フィルターケース
サイズ幅22×高さ15.5cm×厚さ0.8cm
重量重量(約)/24g
容量1~2人用 20枚
3~4人用 10枚
材質ポリウレタン樹脂(合成皮革)
糸:ポリエステル、ボタン・フック:真ちゅう
ナチュラルベージュ
生産国日本
メーカー下村企販株式会社

まとめ

珈琲考具 フィルターケース』について、紹介していきました。

おしゃれなフィルターケースなので、使ってみたくなりますね。

アウトドアでハンドドリップをするときに、ちょっとだけ持ち運ぶことができるのはありがたいです。

アウトドアに限らず、外出時にはちょうど良いフィルターケース。

一つ持っていたら便利ですよ。

kogu
最新情報をチェックしよう!