プロの淹れ方をイメージ。LADONNA ラドンナ Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6

LADONNA ラドンナ Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6』は、ハンドドリップを再現したコーヒーメーカー

あたかもハンドドリップをしているかのように、コーヒーを淹れてくれる。

カラーバリエーションは、スレートグリーンリッチブラックの2種類。

スレートグリーン
リッチブラック

ハンドドリップのドリッパーとサーバーがそのまま組み合わさったようなデザイン。

落ち着いた色合いなので置いておくだけで、インテリアとしてもとてもおしゃれ。金色のプレートがまたアクセントになってるよね。

LADONNA ラドンナ

Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6の機能

LADONNA ラドンナ Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6』では、ハンドドリップをイメージしているというのが一番のポイント。

まあ、見るからにハンドドリップっぽいわけだけど。
機能もハンドドリップの抽出をイメージして作られている。

まず、抽出機能はAUTO(オート)とMANUAL(マニュアル)の2種類。

・AUTO:コーヒー粉を自動計算し、最適な水量と温度で抽出する。
・MANUAL:お水とコーヒー粉の比率、抽出温度をお好みで調整できる。

操作はダイヤルとボタンで行う。

パネルがバックライト搭載で見やすい。

タイマー機能もあるため、あらかじめセットしておけば朝の忙しい時間にもコーヒーを楽しむことができる。

マニュアルモードは、お湯の温度を設定できることが大きな特徴。
80℃~98℃の範囲で温度設定をすることができるため、コーヒー以外のお茶や赤ちゃんの粉ミルクなどでも活用することが可能だ。

結構重宝する機能なんじゃないかな。

Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6でコーヒーを淹れるには

LADONNA ラドンナ Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6』でコーヒーを淹れるのは、結構簡単。

まずは、上部のタンクに水を入れる。
故障の原因になるので、水の量はMIN(200ml)の線以上、MAX(1,000ml)の線未満の量にすること。

電源をいれるとディスプレイが3回点滅し、電子音が鳴り0gの表示になる。

モードをAUTO(オート)または、MANUAL(マニュアル)から選択。
AUTOの場合は、先にサーバーとドリッパーを載せた後に、もう一度ゼロに表示を合わせることでコーヒーの粉の重さを測る。

下がAUTOの時の水温と粉:水比率のデフォルト

水温93℃
粉:水比率1:11(コーヒーの粉:水量)

MANUALのときは、水温と粉:水比率は手動で設定する。

水温80℃~98℃の範囲
粉:水比率1:8 ~ 1:20の範囲

粉:水比率というのが分かりにくいけど、例えばAUTOの粉:水比率が1:11の場合は、粉12gに対して水を130ml使うということ。

粉:水比率が1:8なら、粉12gに対して水96ml。
粉:水比率が1:20なら、粉12gに対して水240ml。

理屈は分かるけど、美味しく淹れようとするあまり、使いにくくなっているような気がしてならない。

水温と粉:水比率が決まったら、スタートボタンを押して抽出開始。

パネルには現在の水タンク内の温度が表示され、設定温度に達したらお湯が注がれ始める。

AUTOの場合は、93℃に達したら抽出開始。

お湯はハンドドリップをイメージして、うず巻き状に弧を描きながらドリップされていく。
ハンドドリップの“の”の字をイメージした注ぎ方。

ちゃんと蒸らしの工程もあるのが味噌。
一定量お湯を注いだら、30秒間停止し再度お湯が注がれる。

抽出が完了したら電子音でお知らせしてくれる。
保温機能はないので、できあがったら早めに飲んでしまおう。

フィルターを取り外して、サーバーから直接カップに注ぐことができる構造。
真ん中のシリコンカバーを持てば、火傷はしない。

フィルターが邪魔にならないように、専用のフィルター置きがついている。

これで抽出完了。

Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6を洗浄するには


手入れすべき場所は、サーバーやドリッパーの部分なので、水洗いが可能。

シリコンカバーもはずせるので、はずして洗うと良い。

ただ、長く使うと定期洗浄も必要。
50回使うとクリーニングするようにとの表示が出るようになっている。

クリーニングは内部の石灰を除去するように通知する機能。

クリーニングするように表示されたら、水タンクをMAXの1,000mlまで水を入れ食酢を一杯混ぜる。
そして、クリーニングモードにつまみを合わせ、起動すればOK。

洗浄が終わったら、5分ほど置いたのちに、水だけで2~3回ほどから回ししておこう。
そうしたら食酢の匂いも消えてくる。

Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6のスペック

スレートグリーン

リッチブラック

LADONNA ラドンナ Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6』は、ガラス製なので、抽出の様子が見えて面白い。

スレートグリーンリッチブラックの2種類のカラーがある。
色が違っていても性能には差がないので、自宅のキッチンにあったものを選ぼう。

ちなみに、ペーパーフィルターは別売りで円錐形のものが必要。

HARIO ハリオ V60ペーパーフィルター』がおすすめ。

細かいスペックは下の通り。

品番K-CM6
品名Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー
カラーSLATE GREEN(スレートグリーン):K-CM6-SG
RICH BLACK(リッチブラック):K-CM6-RB
本体寸法約248(W)×430(H)×150(D)mm
電源AC100V 50/60Hz
定格消費電力1,000W
水タンク容量1,000ml
電源コード長約0.9m
付属品フィルター置き、カンタン操作ガイド(レシピ付き)

プロの淹れ方をイメージ。LADONNA ラドンナ Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6まとめ

LADONNA ラドンナ Toffy トフィー カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6』について紹介してきた。

ハンドドリップのように抽出することができるコーヒーメーカー。
コンセプトや機能はなかなか面白い。

よりハンドドリップをイメージして。
というのは、今後普及していくような気がする。

あわせて読みたい

ラドンナは、おしゃれな生活家電や雑貨を販売している会社。思わず集めたくなるような、可愛らしいデザインが特徴的。キッチン家電も数多く販売しており、コーヒーメーカーはそのデザインの良さから人気を集めている。今回は、そんなラドン[…]

最新情報をチェックしよう!