melita

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2のメリットとデメリット、口コミを解説

melita

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』とは、メリタ式の一つ穴の抽出口が特徴的なドリッパーのこと。

抽出がゆっくりなので、ハンドドリップに慣れていない人でも安定した味わいを楽しむことができます。

melita

メリタといえば、ペーパードリップ発祥の会社。

ドイツの老舗コーヒー器具メーカーで、日本にも支社があり、世界中で親しまれているコーヒー器具メーカーです。

今回はそんな『メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』の特徴や、使用する際のメリットとデメリット、口コミについて紹介していきます。

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2の特徴

まずは『メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』の特徴から確認していきましょう。

伝統の一つ穴

melita

メリタは、ペーパードリップ発祥の企業と言われています。

1908年にドイツのひとりの主婦が開発し、そこから様々な形状が改良され続け現在の形になりました。

100年越しに改良が重ねられてたどり着いた一つ穴の抽出口という形で、よりコクがあるコーヒーを安定して淹れることができるようになっっています。

杯数のメモリつき

melita

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』は、杯数の目安になるメモリがついています。

そのメモリに合わせてお湯を注ぐことで、簡単にコーヒーを淹れることができます。

毎回、同じ量、同じ時間で抽出をすることができ、ハンドドリップの技術に関わらず、安定したコーヒーを淹れることができます。

3種類のサイズバリエーション

melita

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』には、3種類のサイズバリエーションがあります。

1~2杯用、2~4杯用、4~8杯用の3種類。

ドリッパーは大は小を兼ねないものなので、適切なサイズのものを選ぶのがおすすめです。

適切なサイズのドリッパーを使うと、より美味しくコーヒーが淹れられます。

サイズの違いは、以下の通り。

商品名アロマフィルター
AF-M 1×1
アロマフィルター
AF-M 1×2
アロマフィルター
AF-M 1×4
杯数1~2杯用2~4杯用4~8杯用
サイズ(mm)110×95×72135×117×94155×132×116
重量51g92g132g

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2の2つのメリット

merit

次に『メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』のメリットとデメリットについて解説していきます。

まずメリットは以下の2つです。

・ハンドドリップ初心者でも美味しく淹れられる
・レシピを決めておけば安定する

ハンドドリップに初心者でも美味しく淹れられる

melita

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』は、ハンドドリップの技術が影響を受けないドリッパーです。

というのも、一つ穴の抽出口のため、お湯を注ぐとドリッパー内にお湯が溜まり、ゆっくりと一定の速度でコーヒーが抽出されていきます。

ドリッパーの中にお湯が溜まることを”湯溜まり”と呼び、湯溜まりができるドリッパーを使えば、お湯の注ぎ方に味が影響を受けづらくなります。

そのため、ハンドドリップに慣れていなくても、おいしいコーヒーが淹れやすくなっています。

レシピを決めておけば安定する

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』は、メモリがついているので、お湯をそのメモリまで注ぐと、一定のスピードで濾過されていきます。

そのため、事前に豆の量、挽き方、お湯の量さえ決めておけば、毎回安定した抽出をすることが可能。

手間がかからず簡単にハンドドリップを楽しむことができます。

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2の2つのデメリット

demerit

メリットに対して、デメリットは以下の2つです。

・味の調節は難しい
・時間がかかる

味の調節は難しい

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』は、ハンドドリップの技量に関わらず一定の速度でコーヒーが抽出されます。

ハンドドリップ初心者には良いですが、慣れている人からすると注ぎ方で味が変わらないのは、ちょっと物足りないかもしれません。

淹れ方で味は変わらないので、もし味を変えたい時は、豆の種類や量を変えたり、挽き方を変えるとよいでしょう。

お湯の温度を変えても、結構味わいが変わってきますよ。

時間がかかる

一つ穴の抽出穴なので、ゆっくりと抽出されていきます。

安定して抽出できるのが強みではありますが、抽出には一定の時間がかかってしまいますね。

他の抽出穴が多いものや広いものに比べると、とても時間がかかったように感じます。

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2の評判や口コミ

最後に『メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』の評判や口コミを確認しておきます。

ツイッターの口コミ

インスタグラムの口コミ

View this post on Instagram

アウトドアでドリップのお湯が風でコントロール不能(風で湯線が曲がっていく)だったり、軽量化やパッキングの都合でドリップポットが持ち込めずヤカンやクッカーしか無い場合、円錐ドリッパーよりメリタのアロマフィルターが簡単で優秀なんじゃないかという検証⭐ メリタのフィルター(ドリッパー)は、お湯を少しくらいドボドボ注いでも、角度や小さな一つ穴で抽出に最適な流量に勝手にコントロールしてくれます。 プラス、アロマフィルターは底より少し高い位置に穴の入口があるので湯溜まりが出来、その分しっかり抽出をしてくれる構造。 早速、大好きな浅煎り珈琲でテスト⭐ (分量15グラムで旧ポーレックスミルの−6くらいで挽きました。出来上がり分量は約200ccくらい目標で) ドリッパーはメリタのアロマフィルター1☓1。 ドリップポットは使わず、snowpeakのチタンプレスのポット部分でお湯を沸かしました。 お湯が沸いて適温(今回は92度)に下がったら蒸らし、約30秒。 後はドリッパーの真ん中めがけて恐れず豪快に注湯。 水位が紙のフィルターを超える前にストップして、湯が落ちきる前にまた注湯の繰り返しを、目標の約200ccになるまであえてドボドボ繰り返しました。 最後に少し撹拌して出来上がり。 うん、豆が最高なせいもあるけど、 あまり気を使わずにお湯を注いだわりに薄くもならず、しっかり味が出てクリアで美味しくなりました😋 メリタって深煎り用の自分イメージがあったけど、浅煎りでも全然イケるね❗ むしろ勢いよく注湯したせいでドリッパーの中で粉が撹拌されて抽出効率が上がったかもしれません⭐ これなら過酷な環境下で充分、戦力になります❗ (ドリップの楽しみや華やかさにはやや欠けますが…) いつもと全然違う道具や淹れ方を検証したり実験するのも楽しいな〜⭐ #キャンプ #キャンプコーヒー #camp #ソロキャンプ #アウトドア #アウトドアコーヒー #キャンプギア #メリタ #アロマフィルター #SOTO #クルミーノ #コーヒー#ドリップコーヒー #珈琲

A post shared by C部長 (@bucho_c) on

ユーチューブのレビュー動画

高橋ユウ太のコーヒー動画さんのレビュー動画

コーヒーYouTuberの高橋ユウ太のコーヒー動画さんのレビュー動画です。

初めて買ったドリッパーであるメリタのドリッパーの使い勝手について解説しています。

実際に使っている様子も撮影されているので、参考になりますよ。

melittajapanprさんの公式動画

メリタジャパンの公式動画です。

実際にメリタのドリッパーを使用して、コーヒーを淹れる方法が解説されています。

公式なだけあって、とても丁寧に解説されていて、参考になりますよ。

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2を購入するなら

melita

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』を購入するなら、アマゾンがおすすめです。

メリタ自身は、公式オンラインストアなどは持っていません。

そのため、アマゾンや楽天といったネットモールから購入するのが、おすすめ。

アマゾンなら安く早く購入することができます。

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2のスペック

melita

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』の細かいスペックは以下の通りです。

商品名アロマフィルター AF-M 1×2
杯数2~4杯用
価格¥560
サイズ
幅×奥行×高さ(mm)
本体:135×117×94
化粧箱:127×118×95
重量本体:92g 化粧箱:134g
備考メリタ フィルターペーパー1×2を使用
メジャースプーン付
メーカーMelita / メリタ

まとめ

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2』について紹介してきました。

メリタ式と呼ばれる一つ穴のドリッパーで、ハンドドリップ初心者にはとてもおすすめ。

お湯を何も考えずに一定量注ぐだけなので、簡単にコーヒーを淹れることができます。

自宅で気軽に美味しいコーヒーを楽しみたいなら、ちょうど良いですね。

melita
最新情報をチェックしよう!