【Mr. Coffee(ミスターコーヒー)マグカップウォーマー】寒い時に助かる

冬の寒い日に温かいコーヒーを飲んでいると、すぐ冷めてしまうことがありませんか?

せっかくデスクであったまっていたのに、冷めたコーヒーを飲んでしまうと残念な気持ちになりますよね。

また温め直すのも面倒臭いし。

そんな寒い時はデスクにマグカップウォーマーを一つ置いておくと便利です。

マグカップを温めてくれるので、温かいコーヒーをいつでも飲むことができます。
もちろん、コーヒー以外でも使用可能ですしね。

Mr. Coffee(ミスターコーヒー)マグカップウォーマーの外観

Mr.Coffee(ミスターコーヒー)のマグカップウォーマーは極めてシンプルな外観のマグカップ保温機です。

コンセント式ですので、電源があればすぐに使うことができます。

スイッチはON/OFFのみなので、操作方法は悩むことはありません。

日本では通常販売されていない商品なので、説明は全部英語。

とはいえ、迷うような操作方法は一切ないので、安心して使うことができますよ。

Mr. Coffee コップ保温器 マグカップウォーマーの性能

基本的な機能は、ONかOFFのみです。

飲み物はおおよそ60度ぐらいで保温することができます。

熱すぎず、冷たすぎずといった温度ですね。

もちろん、コーヒー以外のココアやスープ、紅茶、お茶などの飲み物にも使用可能です。

カップの種類も使えるものは多いですね。

内径が8.5cmなので、その範囲内であれば大丈夫です。

そもそもMr. Coffee(ミスターコーヒー)とは

そもそもMr.Coffee(ミスターコーヒー)って何?って思う人もいるので、紹介しますね。

Mr. Coffee(ミスターコーヒー)は、アメリカのコーヒー有名ブランドです。
1970年代初頭に設立されました。

有名な理由は、ジョー・ディマジオというMLBの元プロ野球選手がCMをつとめていたから。

ジョー・ディマジオとマリリン・モンロー

MLB引退後に、コーヒーメーカーMr. Coffee社のCMに起用され、「ミスター・コーヒー」とあだ名がつけられていました。

すごく成功した人で、人生の成功ぶりは「アメリカ人の成功者の中で、生まれて一度もレストランや飛行機の予約をしたことがないのはディマジオだけだ」、「ビートルズのメンバー以外では最高にリッチな人生を送った」とアメリカで語られるほどだったらしいです。

Mr.Coffee(ミスターコーヒー)のブランド名自体は、日本ではあまり馴染み深くはないブランドです。

ただ比較的安価で構造もシンプルなマシンが多いので、アメリカでは人気を集めています。

家電って、日本では高性能なものがウケますが、アメリカでは単純な性能のものがウケますよね。

Mr. Coffee(ミスターコーヒー)マグカップウォーマーより、おすすめのグラス

Mr. Coffee(ミスターコーヒー)マグカップウォーマーについて、紹介してきました。

寒い時に温かい飲み物が飲めるとありがたいですよね。

ただ、さんざん紹介しておいてなんですが、個人的にはあまりおすすめしません。

というのも、コーヒーは温め続けると、すごい勢いで劣化してしまうから。

できれば、加熱して保温するのではなく、最初から保温性のあるグラスを使うのが良いですよ。

例えば、Bodumボダム)のPAVINA(パビーナ)ダブルウォールグラス

ガラスのグラスですが、耐熱性のガラスが2重になっているため、驚くほど保温されます。

さらに、ガラス製ですが、耐熱グラスなので、電子レンジ・オーブン・冷凍庫・食洗機すべて対応。

Bodumのグラスは、シンプルですが、高性能です。

関連記事>>>【BODUM(ボダム)PAVINA (パビーナ)ダブルウォールグラス】結露しなくて使いやすい

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!