オーガニックコーヒーがおいしいは間違い!?おいしいコーヒーの選び方

化学肥料を使わず、無農薬で育てられたオーガニック(有機栽培)食品に対するにニーズは年々増えてきています。

オーガニック食品であることを認定する期間は世界にいくつかありますが、日本ではJAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)により、農産物や農産物加工品に「有機」と表示するためには「有機JASマーク」を貼ることが義務付けられています。

有機JASマークを貼る資格を得るには、審査をクリアして認定を取得しなければなりません(農林水産省のホームページ中の「有機食品の検査認証制度」に審査・認定の掲載がされています。)

日本の審査基準はアメリカやEUの基準とほぼ同等です。

コーヒーの生豆も例外ではありません。

最初の収穫までの3年間以上、化学肥料や農薬を使用していないことなどの用件がJASに認定されてはじめて麻袋に有機JASマークをいれることができるのです。

(ただし植物検査で燻蒸された場合などには無効になります)

ブラジル、コロンビア、グアテマラ、エチオピアなど各国にJASの認証を受けた農園があります。

JASに有機認証された生豆を焙煎してオーガニックコーヒーとして販売するには、加工業者(ロースター)としてJASの認定を受けなければなりません。

また、焙煎豆を小分けして販売するには、栽培から焙煎、小分けまでの工程がJASによって保証されていることを意味しているのです。

ところで、オーガニックコーヒーはおいしいのでしょうか?

この質問もよく受けますが、「作り方次第です」としか答えられません。

コーヒーはたくさんの肥料を必要とする作物です。

ただ化学肥料を使わなかっただけの、痩せて味のない有機栽培のコーヒーもあります。

化学肥料を使わなくても、おいしいコーヒーがつくれるようにと、栽培に手間暇をかけたコーヒーもあります。

品質に現れてくるのは「栽培環境に応じた適量の肥料が与えられたか否か」です。

肥料の量や有機肥料の割合だけで語れるものではありません。

最新情報をチェックしよう!