ペーパードリップで常に安定した味のコーヒーを淹れるコツ

ペーパードリップは、メジャーなコーヒーの淹れ方でありながら、もっとも技術力が必要となる淹れ方です。

同じように淹れたつもりでも、毎回味が変わってしまうことはよくあります。

同じ粉を使っても味がばらつく場合、原因として考えられるのは湯の温度、抽出時間(湯と粉の接触時間)のばらつきです。

湯の温度を制御するために温度計を使うことがありますが、市販の棒温度計の精度は低く、5度位違っていることもありますので、複数の温度計を使っている場合や温度計を取り換える場合には注意が必要です。

また、本来考慮すべきは注ぐ湯の温度ではなく、粉と接触している時の温度です。

これは注ぎ方、粉の量、粉の温度などの影響も受けますので、これらを安定させなければ効果は半減してしまいます。

抽出時間を安定させるためには、湯の注ぎ方を安定させる必要があります。

ドリッパー内も粉の状態や湯量の変化でタイミングをとるとやりやすいと思います。

よく言われるアドバイスとして、「粉が十分に膨らむまで湯を注ぐ」、「注いだ湯が落ちすぎないうちに次の湯を注ぐ」、「最後は湯が落ちきらないうちにドリッパーを外す」などがあります。

また、ドリップポットを使う場合には、こまめにポットに湯をたし、ポット内の湯量を注ぎやすい寮に一定に保つと注ぎ方をコントロールしやすくなります。

重めのポットの場合には、ポットを体に引き寄せて、上半身を使ってポットを扱うと良いでしょう。

また、淹れる杯数が変わると抽出時間が変わってしまいがちです。

杯数が多くなると抽出時間が長くなるので、それらを考慮して一杯あたりの粉の量を減らしたり、粉の大きさを粗めにしたり、濾過の早い(穴の面積の大きい)ドリッパーに替えたりすると良いでしょう。

逆に、杯数を少なくする場合には、粉の比率を増やしたり、粉の大きさを細かくしたり、濾過の遅い(穴の面積の小さい)ドリッパーを使ったりすると安定させやすくなります。

ちょっともったいないですが、ペーパーを2枚重ねにするという方法もあり、重ねることで濾過が遅くなります。

ただし、粉を細かくすることには注意が必要です。

細かくするだけで成分が抽出されやすくなりますが、ペーパードリップの場合はそれによって抽出時間が長くなり、さらに成分が抽出されやすくなるからです。

これはあまり抽出したくない重い苦味成分が出過ぎることにつながります。

個人的には、ペーパードリップの場合には粗挽きにした粉をたっぷり使って短時間で入れることが簡単に美味しさを作る秘訣だと考えています。

粗挽きの粉で短時間で入れると、思い苦み成分が少なくなるからです。

それだけではコーヒーが薄くなってしまうので、粉をたっぷり使うことで補います。

慣れるまでは濃さを安定させるのは大変んですから、ばらつきをなくすために少し濃いめに入れることをおすすめします。

淹れたものを少し飲んでみて、湯を必要量足して微調整すれば安定度は上がります

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!