コーヒーの風味は時間とともに変わりますか?

コーヒーの風味は、飲み干すまでの間にもどんどん変わっていきます。

これにはいろいろな要因があります。

第1の要因は、味覚の温度特性の問題です。

同じものを味わうにしても、温度が違えば酸味、苦味、甘味の感じ方が変わってきます。

苦みや甘味は冷たいと感じにくくなる傾向があり、酸味は冷たいと感じやすくなる傾向があります。

第2の要因は、成分の変化の問題です。

コーヒーには変化しやすい成分がたくさん含まれており、淹れたての温度が高い状態ではこの変化はどんどん進みます。

第3の要因は酸素です、

コーヒーの中には酸素も溶け込んでおり、この酸素が変化を促進します。

「水筒いっぱいにコーヒーを入れれば酸素とフレらにから大丈夫」というような話を聞くことがありますが、これは誤解です。

コーヒーの中に溶け込んでいる以上、本質的な解決にはなりません。

では、良い風味を長続きさせるにはどうすれば良いのでしょうか。

残念ながら、あまりいい答えはありません。

コーヒーを急冷した状態で保存して飲む時に温めればある程度の効果は見込めるのですが、均一に熱を加え、しかも熱を加えすぎないように短時間で温めないと煮詰まったような匂いが出てしまいます。

コンロにかけたり、電子レンジを使ったりすると、部分的に熱くなりすぎる傾向がありますし、湯煎にすると非常に時間がかかります。

個人的には、アイスコーヒーとして楽しむか、濃い抽出液を急冷したものを湯で割って飲むか、そのくらいが無難だと考えています。

やはり基本的には、コーヒーは淹れたてを飲むべき飲み物だと思います。

1杯のコーヒーの中で起こる変化については、楽しむべきもの出会って欲しいと思います。

コーヒーはもっといろいろな魅力を私たちに見せてくれます。

これもよく言われることですが、おいしいコーヒーは冷めてもおいしい。

私もそう思います。

飲んでいく過程で少しずつ温度が下がっていき、それに伴って酸味と苦みのバランスが変わり、粘性が上がるためにとろっとした味わいも生まれたきます。

適した生豆を選び、焙煎、ブレンドにこだわり、挽きたての豆で淹れる。

そして、その1杯を時間をかけてゆっくりと楽しむ。

これは最高の贅沢ではないでしょうか。

シマケン
シマケン
コーヒーマガジン配信中!

すごく身近な飲み物なのに、意外と難しくてよく分からない。

コーヒーがより身近になるように、誰かに話したくなるコーヒーの豆知識を紹介しています。

最新情報をチェックしよう!