コーヒーは昔から焙煎して飲まれていたんでしょうか?

そもそもコーヒーは焙煎せずにそのまま煮汁にして飲まれていたといわれています。

焙煎が行われる等になったのは15世紀頃のこと。

コーヒーはその後、嗜好飲料としての性質を強め、やがて広く世界中で親しまれるようになっていきます。

18世紀頃までは、焙煎は料理と同じく主婦の仕事の一つでした。

ヨーロッパへ伝わることには、いろいろな料理研究家の焙煎論が語られるようになっています。

19世紀頃から焙煎の職業化が進み、焙煎工場などもできるようになりました。

ただし、当時の焙煎機は生産能力が非常に低かったため、大量生産するには至っていませんでした。

焙煎が興行として発達するのは、20世紀に入ってからです。

生産効率を上げるためには1回あたりの焙煎りょうを増やすことと、1回の焙煎時間を短くすることが必要になりますが、焙煎チャンバー(生豆を入れる部分)を直接加熱するタイプでは限界がありました。

火力を上げすぎると焦げや煎りムラが出てくるという問題があったからです。

この問題点を解決したのが、熱風式焙煎機の発明です。

熱源を焙煎チャンバーから離し、そこで作った高温の熱風をチャンバー内に高速で送り込むことによって焦げや煎りムラを作ることなく短時間で焙煎できるようになったのです。

その後、熱効率をさらに高めたタイプの焙煎機も開発されています。

1990年代後半以降、焙煎機は消費者にとって身近な存在になりつつあるようです。

例えば、消費者の依頼にもとづいて店頭で焙煎するオンデマンド型の焙煎サービスが目立って増えてきました。

このサービスはそれほど時間がかかりませんし、目の前で選んだ生豆がどんどん色づいていくという視覚的な効果も非常に高いです。

また、家庭用にコンパクトに設計された焙煎機も増えてきています。

オンデマンドサービスようきしゅも、家庭用コンパクトきしゅも共に熱風式の焙煎機であり、このタイプは工業製品としてのコーデザイン ーを変えただけでなく、より消費者に近いところでコーヒーの楽しみを広げる役割を果たしていると言えそうです。

最新情報をチェックしよう!