コーヒーを買う時のお店の選び方

コーヒーを買う時のお店って、どうやって選んでる?

値段?味?、それとも雰囲気?

私も、いろいろお店を回ってるけど、なかなかおいしいお店って見つからなくて苦労してるかな。
だからこそ、たまにおいしいお店に出会ったときは、すごく嬉しい。

今回は、コーヒーを買う時のお店選びのポイントについて。

先に結論から言ってしまうと

万人にとって美味しいコーヒーのお店はない。

はい、タイトルを全無視の内容で、驚いたかと思う。
しかし、ただ美味しいというのは選ぶのははっきり言って難しい。
どんなに高いコーヒーでも、万人にとって美味しいとは言えないだろう。

それは、コーヒーはあくまで趣向品だから。

趣向品とは、生活必需品と違い、最悪なくても困らないもの。
完全に自分の趣味嗜好で選ぶもの。

味の好みなんて、人それぞれなんだから、美味しいコーヒーというのも人それぞれ。

私が好きなものがあなたも好きとは限らないよね。

そのため、美味しいコーヒーというよりは、自分に合ったコーヒーのお店の見つけ方について買いていこうかなと思う。

コーヒーの風味はどこで決まる?

画像1

そもそも、コーヒーの風味とは、どこで決まるのか。

ほとんどは、生豆を選び、焙煎して、ブレンドするところまでで味なんてほぼ決定してしまう。

コーヒーを淹れる時のテクニックうんぬんの手前で決まってしまうんだよね。
要するに豆である原料次第ってこと。

そのため、良い豆を選ぶことができれば、おいしいコーヒーを飲むことができる可能性は高くなる

おいしいコーヒー豆を見つける方法

良い豆を選べば、おいしい珈琲を飲めると言ったけれど、どのコーヒー豆が良い豆なのかなんてそう簡単には分からない。

まあ、専門的な知識があれば、ある程度の目利きは可能だ。
ただ慣れるまで目利きはなかなか難しい。

そのため、おすすめな方法はこちらの3つ。

・実際に見てみる
・実際に飲んでみる
・ウンチクは聞かない

実際に、買いたいコーヒー豆を見て飲んでみることが一番。

店に行ってショーケースを眺めれば、どのくらいの焙煎度のコーヒーを揃えていて、どのくらいの価格なのかが分かる。

できるならば、同じぐらいの価格帯で飲み比べてみるといいかな。
焙煎度(色)違いや産地違いで比べてみると、自分の好みが分かりやすい。

面白いのは、必ずしも、有名店のコーヒーが必ずしも自分に合っているとは限らないもの。

ウンチクは聞かない

珈琲屋に行って注意して欲しいのが、ウンチクにこだわりすぎないこと。

最近では、いずれの業態でも、こだわりを語ることが当たり前になっている。

正直、どんなコーヒー豆でも語ろうと思えばいくらでもそっれぽいことは語ることができるもの。
ただ重要なのは、こだわりではなく、そのこだわりの『実態が伴っているか』どうか。

こだわりの本質を見抜く力というのが、重要になってくる。
それがコーヒーに限らず、趣向品の醍醐味ではあるけど、難しいところでもあるね。

鍛えるためには、能書きやブランド、ネーミングといった情報だけで飲むのではなく、まずは実際に飲んでみて味を楽しむことが大切だということ。

ウンチクはそのあとからだよね。

コーヒー豆は大手で買うのか個人店で買うのか

画像2

コーヒー豆を買う場所と言われてまず浮かぶのは、「スーパー」「百貨店」「珈琲チェーン店」「小規模喫茶店」「挽き売りの珈琲店」「輸入雑貨店」「ネットショップ」などかな。

どこで買っても別に構わないけど、同じ価格でも珈琲の味には特徴がある。

例えば、大手焙煎工場のコーヒー豆の場合は、通年で安定した味作りをしていることが特徴。

ただ、味の傾向は各社はっきりしていて、UCCは苦め、KEY COFFEEは酸っぱめなど違いがある。

これは個人店やネットショップ でも一緒で、焙煎を担当している部署や人によって、味の傾向というのは別れてくるもの。

どこで買うにしても、実際に飲んでみた味で決めるのがベストだと思う。

コーヒーを買う時のお店選びのポイントまとめ

『コーヒーの味には性格が出る』

とよく言われる。
それは、結局のところ、コーヒーは農業であり、作っているのは人間だから。
たとえ、コンピューター制御で焙煎しても、最終的な味を確認するのも人間。

せっかく買うなら『自分の好きな人』から買うのが一番です。

私も、いろんなコーヒーを飲み比べて、自分の好きな味にたどり着いてきた気がする。
その過程で、人や知識との出会いもあり多くのことを学ぶことができた。

この好きなものにたどり着くまでのプロセスが趣向品の一番の楽しみだと、いまではそう思っている。

最新情報をチェックしよう!