スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lとは?特徴・性能・口コミを紹介

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』とは、「真空断熱ボトル」+「フレンチプレス」+「マルチポット」が一つになったポータブル式のコーヒーメーカー。

お湯を温かいまま保温でき、どこでも美味しいコーヒーを楽しむことができる。

スタンレーは、真空断熱ポットで100年以上の歴史を持つ会社。

技術が素晴らしく、宇宙探査機や深海調査の装備にも採用されるほど。

まさにバキュームボトル(魔法瓶)のパイオニアと呼べる存在。

今回は、そんなスタンレーの『スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』の特徴・性能・口コミについて。

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lの特徴

まずは『スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』の特徴から確認していこう。

持ち運びができるコーヒーメーカー

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』は、アウトドアで活躍する持ち運びが可能なコーヒーメーカー。

いわゆるポータブルコーヒーメーカーというもの。

スタンレー社の保温技術を用いたボトルと、フレンチプレスが一体型になっている。

仮にお湯が冷めてしまっていたとしても、取っ手があるマルチポットがついているので熱源さえあれば加熱が可能。

どこでもコーヒーを楽しむことができる。

高い保温性と耐久性

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』の最大のメリットとも言えるのが、高い保温能力と耐久性。

保温能力は76℃以上を6時間、保冷能力は6℃以下を6時間保つことができる。

優れた温度管理技術もさることながら、耐久性も高い。

スタンレー社の製品は、孫の代まで使えると言われるほど、耐久性が高く長持ちすることが特徴。

保証も“生涯保証”を掲げていて、通常の使用での破損は保証してくれる。

コーヒーの粉は中栓に収納可能

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』の中栓は、完全密閉することができるだけでなく、中が収納できるようになっていて、コーヒーの粉などを入れることができる。

別にキャニスターなどを持ち運ぶ必要がないので、軽量的。

コーヒーの粉以外にも、スープの素や鶏ガラなどを持ち運べば、アウトドア先でも温かい飲み物を楽しむことができる。

冷めた時は加熱できるマルチポット付き

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』にはマルチポットも付属している。

取っ手がついたポットで、そのままコップとして使うも良し。

熱源があれば、加熱して温めることも可能。

いくら保温性が高いとはいえ、時間が経てばアツアツというわけではない。

マルチポットは直火での使用が可能なため、お湯を沸かすだけでなく、簡易的な調理もできる。

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lの性能と使い方

次に『スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』の実際の使い方や、性能について確認していこう。

コーヒーの淹れ方

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』で、コーヒーを淹れる方法は下記のようになる。

1.お湯を沸かす

お湯を準備する。持参しているなら、持参しているものを。持参していないなら、マルチポットで沸かす。

沸かしたお湯を真空ポットにうつす。

2.挽いた豆や茶葉を入れる

原料の準備。挽いたコーヒー豆、もしくは茶葉をポットに適切な量を入れ、沸かしたお湯を入れる。

3.数分置いておく

フレンチプレスは、浸漬式という抽出方法で、文字通り”浸して漬ける”ことで成分を抽出する。そうして、数分置くことで、コーヒーや茶葉の成分をお湯に移していく。

4.ゆっくりプレスする

2~5分ほど経ったら、ゆっくりとプレスして、原料とお湯を分離する。しっかりプレスしたら、粉が分離できている証拠。

5.付属のカップに注げば完成

コーヒーが完成したら、付属のカップに移して楽しもう。カップは2つ付いているので、2人で楽しむことができる。

余った分は、真空ボトルにうつしておけば大丈夫。

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lの評判・口コミ・レビュー

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』の評判や口コミも確認しておこう。

ツイッターの口コミ

インスタグラムの口コミ

YouTubeのレビュー

【道具紹介】スタンレーのコーヒーシステムで雪見コーヒー
https://blog.outdoor-coffee.com/?p=941
雪原ピクニックで、スタンレーの真空コーヒーシステムを使ってアウトドアコーヒーを振る舞いました。使用した道具やロケ地の詳細はブログにてご紹介しています。
【使用アイテム】
●STANLEY(スタンレー)バキュームコーヒーシステム 1L
https://amzn.to/33f6EZa
●トキワのお料理パック 20枚入
https://amzn.to/2YLXAY1
●ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ
https://amzn.to/2MdX9Ds
●PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
https://amzn.to/31auMdv
●EPI(イーピーアイ) ポットスタンド A-6602
https://amzn.to/2ZAa5qU
●スノーピーク(snow peak) チタンシェラカップ E-104
https://amzn.to/32S1QIW

youtube

STANLEY(スタンレー) コーヒーシステム

「真空断熱ボトル」+「フレンチプレス」+「マルチポット」のオールインワン商品。コ­ーヒーシステムの他に熱湯と挽いたコーヒー豆があれば、どこでも淹れたてのコーヒーを­楽しめ、ボトルで保存や持ち運びもできます。フタはカップになっており、外フタを外す­ともう一つカップがついています。中栓はコーヒーの粉などを入れてお使いになれます。­キャンプやピクニック、釣りなどアウトドアライフにぴったりの商品です。

youtube

【スタンレー】真空コーヒーシステムでフレンチプレス

スタンレーのコーヒーシステムでコーヒーを淹れました。

youtube

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lのメリット・デメリット

結局『スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』のメリットとデメリットはなんなのか。

メリット

・どこでもコーヒーが持ち運べる利便性
・本体の保温性と耐久性の高さ

やはりメリットは持ち運びの手軽さ、コーヒーの粉やお湯を一緒に持ち運ぶことができるので、ポータブル性が一番の特徴だと思う。

スタンレー社の保温技術の高さは、とても信頼できる。

デメリット

・ゴミどうする?
・結構重い

持ち運んだものの、そこで出たゴミまでは回収しきれないというのが課題かな。

当たり前だけど、ゴミ袋などはしっかりと持参する必要がある。

あと、保温性を追求するあまり結構な重さになっている。

お湯を入れた場合、さらに重くなるので、そこは注意が必要かもしれない。

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lを購入するなら

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』は、amazon.co.jpや楽天市場、Yahooショッピング、Wowma、Qoo10などのネットモールで販売されている。

価格にばらつきがあるので、おすすめはamazon。

公式サイトでは商品の紹介だけで、販売はされていない。

購入するなら、ネットモールから購入するのが良いでしょう。

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lのスペック

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』の細かいスペックは以下の通り。

メーカーSTANLEY(スタンレー)
シリーズAdventure SERIES
(アドベンチャーシリーズ)
品名真空コーヒーシステム
容量0.5L
カラーシルバーブラック
サイズ高さ285×本体径104mm
重量750g
保温力78度以上(6時間)
保冷力6度以下(6時間)
材質18-8ステンレス使用
仕様食洗機使用不可
BPAフリー

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5Lとは?特徴・性能・口コミを紹介まとめ

スタンレー 真空コーヒーシステム 0.5L』について、紹介してきた。

アウトドアで便利な持ち運び式のコーヒーメーカー。

なんで外で飲むコーヒーは、一段と美味しく感じるんだろうね。

これを持って、アウトドアに行ってみたくなってきた。

最新情報をチェックしよう!