【The Barisieur】目覚まし時計付きコーヒーメーカーが面白い

朝コーヒーを飲んでから、会社や学校に行きたいと考えている人は多いはず。
とはいえ、朝はギリギリまで寝ているから、そんな余裕はないですよね。

この悩みは、世界共通。
同じように朝コーヒーを飲んで出かけたいという思いから、目覚まし時計付きのコーヒーメーカーが開発されました。

The Barisieur

目覚まし時計がついており、朝になると淹れたてのドリップコーヒーが飲めるコーヒーメーカーです。

海外のクラウドファンドから始まった企画。
1,186人の協力により完成しました。

デザインがスタイリッシュでいいですよね。
市販のコーヒーメーカーと違って一見すると、ドリップコーヒーの抽出器具がおかれているだけのようにも見えますし。

肝心の抽出方法はこんな感じ。

サーバーの中に入っているステンレスボールを加熱し、誘導加熱という原理で水を沸騰させます。

すると3~4分程度で水が沸騰し、蒸気圧で徐々に水が容器からステンレス製フィルターに押し出されていきます。

お湯の温度は94℃。

そして、ステンレスフィルターにあらかじめセットしていたコーヒーの粉にお湯がかかっていき、コーヒーが抽出されるというわけです。

抽出の様子は、ピタゴラスイッチをみている気分。

金属フィルターなので、コーヒーの脂質も一緒に抽出されなめらかな味わい。
また、茶葉をセットしておけば、紅茶やお茶でも使えます。

タイマーをセットし時間にあわせて抽出される仕組み。
なにも朝だけでなく、仕事帰りや休憩時にあわせてもよさそうです。

12時間または24時間でのリピート設定も可能。

インテリアによくなじむデザイン
ベットから動かずにコーヒーが飲むるわけです。

ちなみに、ブラックだけでなくミルクやシュガー用に保管もできるようになっています。

シュガーと追加のコーヒー粉を入れるスペース。

ミルクは冷蔵保管が必要なので、埋め込み式。

実は冷蔵機能がついているので、しっかりと冷えています。

夏場でも安心。

ネックなのがメンテンナンスですが、取り外しが可能なのでまとめて洗浄することができます。

食器洗浄機は対応しているので安心。

個人的には、デザインが好きです。

自動的に抽出されていく様子もみていて楽しい。

粉は入れっぱなしになってしまい劣化が気になるので、タイマーはあまり使わないかも。

自宅で、ゆっくりコーヒーを楽しみたい時には面白そう。

The Barisieur

The Barisieurの魅力

一番の特徴は「五感を刺激するデザイン」。

「コーヒーの泡立つ音を“聞く”」
「水がフィルターに運ばれる様子を“見る”」
「コーヒーをドリップする“香り”」
「本体のスイッチやボタンに“触れる”」
「いれたてのコーヒーを“味わう”」

といった、五感を使った楽しみができる。

コーヒー粉をセットしているので、コーヒーが淹れられる頃には部屋がコーヒーの香りに包まれます。

The Barisieurのカラーバリエーション

カラーバリエーションは2種類。

ブラックとホワイト。

台座部分がブラックとホワイトで2種類。

その上の天板は、ブラックがダークブラウン。

ホワイトはライトブラウンとなっています。

The Barisieurのサイズとスペック

サイズは、横25cm,奥行き16.5cm,高さ26cm,本体高さ7.5cm

重さは4.3kgとちょっと重め。

それぞれ取り外しが可能なので、メンテナンスの際は、外して使うことになります。

サイズ横25cm×16.5cm×高さ26cm
重さ4.3kg
容量湯沸かし器:最大200ml
カップ:160ml
ミルク入れ:25ml
温度お湯:94℃
ミルク:5~8℃で冷蔵

最新情報をチェックしよう!